シートポスト選び

2012年02月29日 23:02

随分と前にシートポスト交換したい!ってな記事を書いていました。一向に進んでいないのはイマイチ欲しいシートポストが見当たらないから。サイクルモードで確認した3Tのシートポストでハンドル、ステムとの統一感を狙う方向かな?とも思ったのですがヤグラの部分とか安っぽくてこう、物欲を掻き立てないんですよね。別に交換しなくても走る訳ですから、限りある資金使い道の優先順位はどんどん下げられていた訳です。でも、これからのシーズンインに向けてやっぱり何か交換したくてね。それで「あ、シートポスト」って思い出しました。

求めるシートポストの条件
1.強度
パイプ部分はキャリアをクランプしても大丈夫な強度が必要です。

2.形状
セットバックできる事。意匠に関してはエアロ形状とかいりません。フレームがマッシブなので(今のトレンドからすればおとなしいけどね)シートポストはシンプルに。色は黒。

3.汎用性
ヤグラはカーボンレールのサドルにしても問題ない汎用性の高いもの。

4.価格
1万円前後で。あんなパイプそんなもんでしょ?

5.軽量
軽かったら嬉しいな。

こんな所かな。無数にシートポストがランナップされる中でなかなかお眼鏡にかなうものがなかなかありません。カーボンで付加価値を付けて儲けようって感じのする製品ばっかり。あ、個人的見解ですよ。

で、候補はこれだ・・・
[ 続きを読む ]

メーカーを揃えてみる?

2011年01月21日 08:00

様々な部品が集まって完成する自転車ですが、その部品のメーカーを揃える事でトータルデザインがすっきりとカッコヨク見える事があります。

もちろん変速機などはカッコだけじゃなく性能を引き出す為にも同じメーカーの方が良いとされていますが、それ以外にもあるんです。

82-4.jpg

ハンドルとステムはクランプ部分の愛称もあるので同じメーカーが無難とされています。
もちろん規格サイズで作られていますし、ポジションを決める重要なパーツなので違うメーカーにしている方も多い部品ですけどね。

そのステム&ハンドルと更にシートポストも同じメーカーで揃えると、同じ系統の部品が全て同じロゴになるのでスッキリとするのです。

私の使っているのは3T。サイクルモードで新製品のパラディオを確認してきました。

palladio.jpg

新機構をアピールするポップと一緒に飾られていたパラディオシリーズ。1本ボルトで固定するタイプのシートポストです。詳しい調整方法は動画で確認できました。



やはり角度調整はノッチごとになるので前後2本締め方式の無段階には敵わないが、インナーとアウターのノッチを半コマずらして努力している。これはグッドアイデアだろう。



ただ、ここまで「複雑にする=重くなる」のであればやはりシンプルな前後2本締めヤグラ対応の方がいいのかな?




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

純正シートポストをそろそろ・・・

2011年01月16日 21:52

post01.jpg

2006 SPECIALIZED TARMACPROに最初から付いていたのはゼルツが挿入されたカーボンシートポスト。ゼルツとカーボンによる振動吸収性とグラマラスなフレームチューブ形状に合わせたスタイルがポイント。

その必要以上に主張する形状は当初からあまり好みではなかったのだが、なかなかココを交換するまでのキッカケが見当たらず使い続けていた。

post02.jpg

しかし、ちょっと問題が。それはサドルの角度調整が非常にやりにくい事。前後の2本ボルトで固定するヤグラは、固定力が大きく角度も細かく調整できるのだが、前側のボルトが廻しにくい。
穴空きサドルの場合は上から六画レンチが入るので問題ないのだが、今使っているアリアンテなどのサドルの場合は上から工具が入らないので、脇からレンチを入れるか、後ろを完全に緩めてから手で回すしかない。

1本ボルトタイプも様々なタイプが売られているが、調整はしやすい反面、角度調整に制限があったり、走行中に緩みやすい欠点もあると聞きます。

実は、一眼レフカメラを持ち運ぶのにシートポストに固定する対応のキャリーバッグを検討していて、その為にアルミのシートポストが必要だったりもする。



これを機会にシンプルなアルミのシートポストを物色中。さて、どんなのにしようかな。

post03.jpg

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



最新記事