2016-2017 シーズン仕様 RAIZIN CX

2016年08月13日 00:00

気がつけば2016-2017シクロクロスシーズン開幕まであと一ヶ月とちょっと。8月の栄村イベントを終えたらシクロクロスバイクに乗る時間を増やそうと準備を進めてきました。

ビスポーク シクロクロス

一番のポイントはフロントフォークのカーボン化。これまで使っていたRAIZIN製クロモリフォークからENVEのカンチブレーキ仕様のカーボンフォークに換装しました。フレームとのマッチペイントはアラカラーに依頼。バッチリ仕上げてもらいました。

RAIZIN Cyclocross

細かいところでは、バーテープをODI バーテープ 2.5mm High Performance Bar Tape Blackにしました。昨年使っていたカモフラも評判は良かったのですが、もっとグリップのいいものを使ってみたくて変更です。耐久性も良さそうでいい感じです。

RAIZIN Cyclocross

毎シーズン変更していることになりますがフロントのブレーキ受けも交換。ワイヤーを無理なくルーティングすることによりタッチの向上を狙いました。また昨年はフロントブレーキのワイヤーアジャスターを省いていたのですが取り付けられるようにしました。

RAIZIN Cyclocross

クランクをROTORからシマノ CX50に戻しています。ROTORはフロントチェーンリングを固定するボルト長の問題で純正チェーンリングしかしっかりと取り付けられません。純正チェーンリングの最小歯数が38Tまでしか設定されてなく、コースによっては34Tを使いたい私には問題があります。

SHIMANO9100リアディレイラーの流通が始まってカセットスプロケットのワイドレシオ化が問題なくできるようになればフロント38T固定でいけると考えていますが、現段階(11-28)ではこの状態がベターだとの判断です。ロードで導入したパワーメーターを左クランクアームを入れ替えることにより使えるメリットもあります。

8.585kg
今までで最軽量ですがフォーク換装による軽量化をクランクを戻すことで相殺されちゃった感じ。ティアグラ相当のクランクはちょっと見劣りしますね。

詳細仕様
フロントフォーク:ENVE CROSS 2.0 FORK NEW!
右デュアルコントロールレバー:SHIMANO ST-9001
左ブレーキレバー:SHIMANO BL-S705 B
リアディレイラー:SHIMANO RD-9000
カセットスプロケット:SHIMANO CS-6800 11-28
クランク:SHIMANO FC-CX50
チェーンリング:RACE FACE CX-SINGLE RING NARROW/WIDE 38T
ブレーキ:SHIMANO BR-CX70
カートリッジBB:CHRIS KING
ヘッドセット:CHRIS KING
ハンドルバー:DIXNA J-FIT ARC 420mm
バーテープ:odi 2.5MM PERFORMANCE ROAD BIKE NEW!
ステム:DIXNA 77STEM 110mm
サドル: Specialized Romin Evo Comp Gel
シートピラー:EASTON EA-50
ペダル:SHIMANO PD-M9000
ホイール:Shimano WH−RS81−C24−TL
タイヤ:IRC SERAC CX TUBELESS

ワイヤーの交換や各部のグリスアップはもちろん細かいチェックを輪工房さんにやってもらい完成です。カーボンフォーク交換によるfフィーリングの違いに慣れるためにも乗り込んでいきたいと思います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ODI バーテープ 2.5mm High Performance Bar Tape Black
価格:2478円(税込、送料別) (2016/8/12時点)




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/981-34970296
    この記事へのトラックバック


    最新記事