自転車チューブレスタイヤパンク修理

2016年06月27日 12:30

ちょっとクセがあって使う人を選ぶ自転車用チューブレスタイヤ(以下 "TL")。乗り心地がよくバーストしない安心感もあって個人的には凄く気に入っています。タイヤメーカーがあまり選べないなどの声もありますがIRCさんの企業努力でタイヤも私レベルでは十分満足できるレベルにありますし、重量に関してもWOと遜色のない所まで来ています。対応ホイールを持っていれば使わない手はないんじゃないでしょうか?

私のロードに履いているTLも春日部〜長岡ツーリングの際にダメージを受けていたらしく、いざ乗ろうと思ったら前輪がパンクしていました。道中何らかのトラブルでスローパンクを起こしていたようです。これがWOだったら一気に空気が抜けて、暗闇の中で疲労も溜まった終盤にパンク修理をするハメになっていたかもしれません。

TLタイヤのネガについて、組み付けの問題と共に語られるのが出先でパンクした時の対応に付いて。WOと同じようにチューブを入れるか、シーラントやIRC FAST RESPAWN ロード チューブレスタイヤ用パンク修理キットなんかで簡単に修理できてしまう場合もあります。

シーラントやFAST RESPAWNで修理した場合はそのま使えばいいと思いますが、とりあえずチューブを入れて帰って来た場合は空気が抜けた箇所を特定して修理をすればまたTLとして使う事ができます。タイヤの内側の層はタイヤチューブと同じ材質らしいのでブチルチューブ用のパッチでパンク修理ができます。

チューブレスタイヤ パンク修理 自転車

メーカーによるといわゆる接着剤とパッチが別々にあるパンク修理を推奨していますが、とりあえずガレージにはイージーパッチしかないのでそれで試してみます。

パッチ処理後、タイヤを装着。CXでもTLを使っているのでかなりコツを掴んで来てタイヤレバーなしでタイヤを装着、フロアポンプで普通にビードが上がりました。折り癖の付いている新品は辛いかもしれませんが、慣れれば何とかなります。

punkkirifuki.jpg

石鹸水を薄めたのを吹いて確認。とりあえず問題はなさそう。一晩放置して再チェックしましたが空気抜けはなさそうです。念のため、シーラントを入れておくのも手ですが、リムへの攻撃性や汚れが気になるので、パンク時に注入するようにシーラントを小瓶に入れ、注入用のシリンジを常備しておく方がいいかな。それでもなかったらIRCファストリスボーンをお守りに持って置くのもありだと思います。

【追記】
イージーパッチでの作業は「問題なかった!」って声と「やはりエア漏れしました」って声の両方があるようです。私の場合はとりあえず大丈夫そう。週末に乗って放置すると修理をしていない側のタイヤと同じ程度のエア漏れしかありません。ただ、メーカーはイージパッチでの修理は推奨していないので自己責任でお願いします。

【追記】
イージーパッチで修理した後に、タイヤを外す用事があり、その際にイージーパッチ修理箇所を確認した所、剥がれかけていました。エア漏れの症状はありませんでしたが、やはりメーカー推奨のノリを塗って乾かしてからパッチを貼るトラディショナルな方法がいいようです。

IMG_5165.jpg
栄村の50キロはこのタイヤで走りました







人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/943-5cfce505
    この記事へのトラックバック


    最新記事