CATEYE VOLT300 HL-EL460RC

2016年05月19日 22:00

週に2回は自転車通勤をしたいと思いつつ、スケジュールと天気が折り合わず1回となっていますが、自転車通勤はゆるゆると続けています。

スカイツリーとロードバイク

ロードとCX、MTBに対していまだに携帯工具関係が一式しかないので、出掛ける前に必要なチューブやタイヤレバーを入れ替えるのが出発の儀式となっています。そこを忘れる事はないのですが、重大な忘れ物に出掛けて数キロで気が付いてしまいました。

自転車通勤あるある「ライト忘れた!」

明るいうちに出掛けるから忘れちゃうんですよね。似たようなあるあるでクルマで自転車積んで行く時にヘルメットやシューズを忘れる事があります。

simi06.jpg

その日は仕方がなく会社にあったSILVAのライトのみで帰宅の途に就く。このライトは街灯の整備された道路で点滅させたりしながら主にポジションライトとして使うもの。闇に包まれ町から切り離された河川敷のサイクリングロードでは役に立たない事は明らか。そこでなるべく市街地を使って帰ろうと思ったのですが、それよりもほぼ単独走となる河川敷をゆっくり走った方が安全だろうと、冒険心も手伝っていつものルートを辿りました。

頼りない光量なのでライトがついている事さえ市街地では気が付かないのですが、サイクリングロードに入るとうっすらとアスファルトが狭い範囲で照らされる事がわかります。月明かりと小さなLEDライトの光を頼りにペダルをゆっくりと漕ぎます。思ったよりも走れたのですが、それでもスピードは20〜25km/hくらいで。普段より10km/hマイナスって感じですね。

気が付いたのは白いセンターラインがあればそれが反射して道を確認しいやすい事。車止めも反射ステッカーが貼ってあるので大丈夫。怖いのは暗い色の服を来た歩いている人。ステルス機能ハンパないです。

CATEYE VOLT300
volt300_cateye.jpg

いつも使っているCATEYE VOLT300ならこの通り。もっと明るいライトもあるでしょうがこれだけ明るければ普段と同じようにペダルを踏めます。あ、道がまっすぐだし、覚えているからってのもありますけどね。

ledcateyevolt300.jpg

必要十分な明るいライトを使うのも大事だし、自分がステルス機にならないようにライトに反射する素材を身につける事の大事さを痛感した夜となりました。



CATEYE VOLT300はVOLT400に性能アップして販売中です!コンパクトでコストと性能のバランスに優れた傑作ですね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/910-632051bf
    この記事へのトラックバック


    最新記事