MERIDA BIG.SEVENのサドル

2016年05月12日 08:00

先日の山サイで発覚したMTBのポジション問題。今までのライドではあまり気にならなかったのですが、MTB自体そんなに長い時間乗っていないからかな。サドルを上げたり、下げたりする事もあり、あまりポジションに神経質ではなかったのですが、遂にいろは坂で気が付いちゃいました。

IMG_3361

先のCXシーズンでCXとロードのポジションが決まった事もあり、踏むポイントやポジションが自分の中で確立した事も大きな要因かもしれません。そのおかげで自分の中の基準とずれていると気になるようになったんでしょう。これは遅まきながら大きな一歩かな。

zeecagemerida.jpg

シートポストを簡単に上下させる為に工具のいらないクイックで固定するようになり、純正カーボンピラーから家にあったアルミのセットバック付きシートピラーに交換していました。この状態からサドルを目一杯前に出していますが、それでもCXと同じような前乗りのポジションに持って行けないのが原因です。

またパッドなしのパンツで乗れるようにフィジーク・アリアンテに交換したにもいけなかった。もうこのサドルが完全に合わなくなっていました。純正サドルの方がよかった・・・。
シャンリー(CIONLLI)
私のメリダ・ビッグセブンの純正サドルをひっくり返してみるとベースには「CIONLLI」と刻まれていました。検索してみると台湾のサドルメーカーみたいです。メーカーのサイトを確認した所「1210」をベースに表皮を変えた感じかな。OEMサドルというと日本でも小売りしているveroは有名ですが、こんな会社もあったんですね。

まずは純正シートピラーに戻し、アルミ製のゼロオフセットピラーを手に入れてペダルとサドルの関係をCX等と同じようにセッティングしたいと思います。そうすればもう少しヒルクライムがマシになるはず・・・はずです・・・はずだよね?

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/906-b82630c6
    この記事へのトラックバック


    最新記事