ハイドレーションパック「SOURCE WIDEPAC 2.0L」

2016年05月10日 08:00

自転車乗りならひとつは持っているかもしれないドイターのバッグパック。自転車乗りにのかゆい所に手が届く昨日が満載な訳だが全ての機能を使っている人はどれくらいいるだろう。私もひとつだけ未使用の部分がありました。それがハイドレーションパック関連の装備。

deuterrace4.jpg

ロードバイク乗りにとって補給はボトルと相場が決まっております。扱いも簡単な最もシンプルな解決策。しかし、MTBになると話は変わって来ます。そもそもフルサスだとボトルケージを取り付ける事が難しかったり、荒れた路面で片手でボトルを引き抜き補給をして戻す作業をしていられない=脱水症状となってしまいます。
私の場合は山サイでMTBを担ぐのにボトルケージが邪魔になるのでそれを諦めてハイドレーションパックを背負う事にしました。

ハイドレーションが便利そうだと思いつつ、今まで手を出さなかったのは扱いが面倒そうだから。その大きな原因は洗浄とカビの問題です。そこでOutdoor Gearzineの「比較テスト:各メーカーのハイドレーションパックを比べてみた【登山にトレランに】」を参考にHydrapak(ハイドラパック)リバーシブルリザーバーに狙いを定めました。


本体を裏返して洗う事が可能になっています。これによりハイドレーションパーツメーカーからオプションとして販売されている洗浄機キット(ブラシ)を必要とせずに隅々まで手で洗え、乾燥できます。洗浄、カビ防止に対して根本的な解決ができる製品でしょう。しかし、私の近所では残念ながら売っていませんでした。

SOURCE WIDEPAC
ソースハイドレーションパック

在庫のあったハイドレーションパック(キャメルバック、Platypusとサロモン、SOURCE)の中から私が選んだのはソース社のワイドパック(2L)です。容量については使っているバックパック(ドイター レースX)が2Lまでの対応だった事。それ以外は立ち寄ったお店で入手できる商品の中で一番掃除が楽そうだったから。

ソースハイドレーションパック

"このハイドレーションパックの持ち手?の形状は何を意味しているのかわかっていませんが"(※1)、とりあえずバックのポケット部分に入れてみました。

ソースハイドレーションパック

H2Oと刺繍された貫通口からホースを引っ張り出してザックのベルト部分に固定。更に合っているのかわかっていませんが、チェストバンドのループに下からホースを通して完成。あとで知ったのですが、ドイターへOEMでハイドレーションパックを納めているのがこのソース社であり収まりがいいのは当然なのです。

sourceohclean.jpg

使う前にバルブ分までバラして洗浄しました。特に難しい事なく分解できました。

13151921_1068702463223527_4657302306478023169_n.jpg

先日の山サイで実践デビュ。掃除する事を考えてスポーツドリンクではなくミネラルウォーターを2L入れました。不足するミネラル分はショッツ エレクトロライト・パウダー(レモン味)などで補います。

使ってみてすぐにハイドレーションパックの素晴らしさを実感。ボトルケージからボトルを取り出す作業って面倒な事だったんだと気が付きます。よく言われている事ですが、欲しい時にいつでも手間なく水分を補給できるので、少量を繁茂に口にする理想的な補給が可能になります。ダートでのダウンヒルや疲れきったヒルクライムでその効果は絶大でした。ただミネラル分の補給をもう少し手軽にできるようにしないといけない課題は残りました。

はじめてのハイドレーションパックなので製品比較はできませんが、イスラエルで開発されて軍隊でも採用されているこの製品の基本的な性能は折り紙付き。ブルーとオレンジでグラフィックもなかなか良いですし気に入りました。

ダブルボトルで大きめのを使っても750mlを2本しか基本的に持ち運びません。ロードと違って自動販売機やコンビニを充てにできないので2Lをスマートに持ち運びできて、更に補給がしやすいとなれば、これは必須のアイテムでしょう。MTBでのツーリングには手放せない装備である事には間違いありません。まだ使った事がない使わず嫌いの方は騙されたと思って使ってみる事をお勧めします。




人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

※1
oxtos-japan_301396_2.jpg
スライド式のバーをこんな風に差し込んで口を開き、注入しやすくする工夫だったんですね。ちなみにこんな事をしなくても2Lのペットボトルから水を入れる事ができました。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/904-7f931fb0
    この記事へのトラックバック


    最新記事