今シーズン最初のMTB山サイ

2016年05月09日 12:20

GW最終日は輪工房主催の日光MTBサイクリング。昨年9月に行く予定だったルートを辿ります。(昨年の様子はコチラ

男体山

17人のメンバーが何台かのクルマに乗り合いいざ日光へ、まだ暗い早朝に出発するワクワク感はたまりませんね。そのままクルマでいろは坂を上がる。「くもひとつない」とはまさにこの事だ。青い空に山野璙潜が美しく浮かび上がる。この時点で今日、この日が”最高の一日”になることは約束されました。

chuuzenjiko.jpg
Photo by 輪工房

駐車場にクルマを停め、まずはウォーミングアップで中禅寺湖湖畔を流す。太陽の光を反射して輝く水面が美しい。芽吹き出した若葉の黄緑色に太陽の光が透けその美しさに拍車をかけます。まるで自然の息吹を祝福するように。

13087900_1012347038842391_1521985755671744498_n.jpg

それに引き替え、山の道はそれなりに険しく鳥のさえずりの隙間にサイクリストの荒い息づかいが聞こえてくる。坂を見るとつい脚に力が入りますが、そんなにムキにならずに、話をできるくらいのゆっくりペースで目的地を目指すのがピッタリな日。

13151921_1068702463223527_4657302306478023169_n.jpg
Photo by 輪工房

アップと少しのダウンを繰り返して本日のピークへ。携帯の電波なんかもちろん届かない。SNSへのリアルタイムアップなんて事も考えなくていい。

13173635_1068702919890148_3018233504680538776_n.jpg
Photo by 輪工房

MTB専用コースではありませんからね、乗車できない所もそれなりにあるので(スキルがあれば乗車で行ける確率はもちろん上がりますけど)担いだり、押したりしながら不安定な場所を進みます。この辺の技術や準備も山サイの醍醐味ですよね。

今回のサイクリング前に輪工房田口さんに教えてもらって最も印象的だったのは「山ではチャレンジしない」って言葉。携帯の電波も届かないこの場所で骨折でもしたら大変な自体になります。もちろん突発的なアクシデントの可能性はありますが、その確立をできるだけ下げる努力が必須。同行者にも大きな迷惑をかけてしまいますからね。チャレンジは専用コースで。山で落車はダメ、絶対!(実際は3回程落車しましたけどね・・・反省)

13178045_1012346828842412_363004649408188243_n.jpg

そして予定通りの場所でランチ。これからのメインステージに向けてしばし休憩。フラットトップの大きな岩を見つけてちょっと昼寝を。

13124662_1068704639889976_1103136902185520149_n.jpg
Photo by 輪工房

13177400_1068707239889716_4125340740470710654_n.jpg
Photo by 輪工房

クマザサ(隈笹って熊じゃないんですねw)が密集するルートは「えっと、どこが道ですか?」って感じなのですが、見える人には見えるルートがあるらいです。そんなステルスなシングルトラックを集中力マックスでトレース。ふと顔を上げると規則的に並ぶ杉が整列して思わず声を上げてしまいました。

13139335_1068709236556183_4103440773999517140_n.jpg
Photo by 輪工房

クマザサの密生エリア、砂利の林道や土がみえているダウンヒルエリアなどバリエーション豊かなコースを辿り山の下ります。ここからデポ地までいろは坂をヒルクライム。最後の試練が待ち受けます。各自のペースで全員がクリアしました。



新しいシューズやハイドレーションシステムなどが功を奏して随分とMTBでの山サイクリングも快適に楽しめるようになりました。

しかし課題も。

MTBは下りでサドルを下げたりする事もあり、ポジションに結構無頓着だったのですが、いざヒルクライムとなるとロードやCXと同じ感じで踏むことができなくてかなり苦労しました。ゼロオフセットのストレートシートポストが必要です。サドルもCX、ロードで使っているROMIN EVOにしたい所ですが、純正品も悪くなかったので一度そちらに戻そうかな。一気にふたつ以上の部品を変えてしまうと効果がわからなくなるからね。

最後に・・・
大きな怪我もパンクもなく無事に今シーズンのMTB山サイクリングが終了しました。一緒に楽しい時間を共有してくれた皆様ありがとうございます。
このツアーの成功はクマザサの下に隠れる倒木などをチェックしつつ常に前を引いてくれた輪工房田口さんの完璧なアテンドがあったからこそ。このblogを読んでMTBに興味を持たれた方はぜひ輪工房でMTBを購入して一緒に山へ行きましょう。自転車の中でMTBほど「何をいくらで買うか」より「どのお店で買うか」が大事なものはないと思いますよ。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/903-1e0e4d4b
    この記事へのトラックバック


    最新記事