東京サンエス JFF #803

2016年03月15日 22:00

東京サンエスさんは小柄な私にとって強い見方。かゆい所に手の届く興味深いパーツを数多くリリースされています。そんなサンエスさんのオリジナルフレームと言えばテスタッチが馴染み深いのですが、OEM先の東洋フレームさんとの大人の事情で廃盤に。その後開発、リリースされているのがOnebyESU JFFシリーズです。

ジャパニーズフィットを掲げ日本人による日本人のためのセッティングを目指して開発されたこのシリーズはオリジナルのダブルバテッドクロモリチューブを採用したロード(#501)とディスクシクロクロス(#801)をリリース。そして今シーズンはアルミフレームのカンチシクロクロスフレーム(JFF #803)を実践投入して開発をしています。

東京サンエス JFF

シクロクロス東京で#803を駆る辻善光選手によるとアルミフレームでありながらしなやかで裏面の追従性もよく乗りやすいとの事。カーボンフレーム時代以前のアルミは薄く大口径で軽量化した高強度フレームってイメージがありますが、最近大手メーカーがリリースするカーボン時代以降のアルミフレームのようにそんな単純な思想で設計されたものではないのかもしれません。

東京サンエス JFF

テスタッチ時代のMCMデザインまで極端じゃないのかもしれないけど独自のジオメトリも興味深い。ステムを100mmで想定してトップチューブは短く、そしてオフセットが選べるカーボンフォークの組み合わせも面白い。

ちなみに801がフレームか価格で驚きの98,000円!カーボンフォーク付きで129,000〜132,000ですよ。2台体勢がシクロクロスの醍醐味だと考えるとこの価格は魅力的ですね。803がどのくらいの価格レンジになるのかはわかりませんが、これと大差はないんじゃないかな。

東京サンエス JFF

カラーもたくさんの中からチョイスできて銅抜きのクラシックなタイプも選べます。(#801 詳細)私だったら適当な色でもらって、既にあるCXバイクと同じ色に塗り替えるのがいいかな。想像してたら欲しくなって来たぞ(笑)スペアバイクを組むくらいの部品はなんだかんだで揃ってますからね。まぁ、こだわりのパーツで組むと足りませんが・・・。来シーズン前に価格等を含めたインフォメーションがあると思いますが、一度乗ってみたいな。東京で乗っておくべきでした・・・。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

【追記】
翌日のシクロワイアードでJFF #803について衝撃の発表がありました!


JFF803_complete.jpg
新製品情報2016
リーズナブルな軽量アルミのシクロクロスレースモデル OnebyESU JFF#803
(シクロワイアード記事)

カーボンフォーク込みの価格で98,000円!カラーオプションで最高120,000円になるそうです。付属パーツでヘッドパーツ・アルミプレートケーブルハンガー、ケーブルハンガー付シートクランプ、BB下ケーブルガイド、チェーンスティープロテクターが付いてくるそうです。

自分のストックパーツを想像すると・・・これはかなり安く組めそう。更に・・・

ペダルとホイールなし完成車で198,000円の衝撃プライス!ロードで使い古した練習用ホイールがあれば、あとはSPDペダル買ったら使えますよ。

11Speed105ベースでワンバイエスのパーツを中心に組まれています。これを買って好みのパーツと部分的に組み直し、いらないパーツを処分するのもありだな・・・

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. SAKI | URL | -

    買っちゃいますか?(笑)

  2. カルさん | URL | -

    SAKiさん

    お務めご苦労様です!(笑)価格が発表されましてなんと98,000円(フレームとカーボンフォーク付き)だそうです!更にヘッドパーツ・アルミプレートケーブルハンガー、ケーブルハンガー付シートクランプ、BB下ケーブルガイド、チェーンスティープロテクターの付属品付き!

    自分の手持ちで足りない部品は・・・カンチブレーキ、ペダル、サドルくらいでグレード気にしなければお安く組めちゃうんですよね・・・ドキドキします。SAKIiさんもロードの余りパーツで組んで来シーズンCXどうですか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/878-7d659a8e
この記事へのトラックバック


最新記事