5年前

2016年03月11日 14:46

2011年3月11日 14時46分18秒
5年前のあの日、あの時。あなたはどこで何をして何を考えましたか?

ちょうどその日は都内へのオフィスへ出勤せずに、ガレージでCATERHAM SUPER SEVENのフェンダー交換作業をしていました。クラムシェルフェンダーからサイクルフェンダーに交換する作業ですが、ステーを交換するのに結構バラさないといけなかったんですよね。今ではすっかり自転車ガレージとなっている私のガレージも実は二柱リフトが設置してあるんですよ。

sevencustom.jpg

この状況で震度5弱の揺れがあり急いでリフトを安全な位置まで下げてリフトアームに腰を掛けガレージを見渡しながら倒れて来るものはないか注視してました。「かなり大きかったぞ・・・」と思い自宅のテレビを見ると・・・まだ津波から逃げる人やクルマを空撮した映像に言葉をなくしました。

都内へ通勤している父親や友達とTwitterやViberで連絡を取り合い、ある人へはクルマに乗り合いで帰宅できるように指示したり、ある人には安全に一晩過ごせる場所を教えたりとそれくらいしかできないもどかしさの中で右往左往した事を思い出します。クルマ仲間とすくないですが義援金を集める活動をしたりもしました。

mobileblight.jpg

あの日から鞄にはモバイルバッテリーと懐中電灯は常に入れてあります。自転車用の補給食もしばらく入れてたのですが最近は忘れてたな。こんな風にあの日から確実に意識は変わったはずです。

友人は私のランニングに付き合ってくれるようになり、一緒にマラソン大会に出るまでになりました。やはり自分の脚で帰宅できるのか?家族を守れるのか?根源的な体力について考える事があったんでしょう。今では災害時に帰宅する事はやめるように言われていますが、様々な局面で選択肢を広げるためにも体力は重要です。

meridatrain.png

5年前はロードバイクしか持っていなかった私も今ではMTBにCXを所有しています。燃料の供給が途絶え、あっても他に優先して欲しい・・・でも自分でも行動しなければならない・・・そんな時にオフロードタイプの自転車は大きな助けになってくれる事でしょう。

本当に辛い思いをした方々が次に進むために、人間は忘れるって素晴らしい能力が備わっているのかもしれません。でも忘れてはいけない事はありますよね。それはショッキングな映像を見返す事ではなく、あの日にどんな気持になったのかを思い出す事で記憶に留めていきたいと思います。

3月11日にヤフーで「3.11」を検索すると、ヤフーから10円が復興支援のために寄付されます。 今、私たちにできること。

http://fukko.yahoo.co.jp/

#検索は応援になる

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/876-7e99ef67
    この記事へのトラックバック


    最新記事