ドキュメンタリーと観察

2016年02月25日 08:00

NHK BSで1月に伊豆大島で行われたアジア自転車競技選手権大会の女子ロードのドキュメンタリー番組が放送されました。このレースに関してはファンの間で様々な所で散々議論がなされましたが、結局JCFからは何も総括や回答もなくやりきれない気分になっている方も多いのではないでしょうか?そこでNHK制作のドキュメンタリー番組で何か真実が伝えられて納得ができるんじゃないかと期待した方も多かった事でしょう。しかし、その期待に応える番組ではなかったと個人的には思います。

ここでレースに関して個人の考えを独断的に書くのもblogの面白さだとは思いますが、今回はある当事者に近い部分もあって一般には出てこない話なんかも聞いていて客観性に欠けた意見になると思うので書いていませんでした...が、ラジオで映画監督の想田 和弘さんの面白い話を聞いたのでちょっと書いてみたいと思います。

観察映画とTVドキュメンタリーの違い
相田監督の経歴は、ニューヨーク在住で映画「選挙」で一躍脚光を浴びた新進気鋭の映画監督。この「選挙」は世界中の映画賞で評価を受け、200カ国近くでテレビ放映されたそうです。元々はNHKのドキュメンタリー作品も手がけており40本から50本製作をしたと言っておられました。

いわゆるドキュメンタリー映画作家と分類されると思いますが、相田さんは自身の映画を観察映画と言っています。相田さんはラジオ番組内で「テレビで放送されるドキュメンタリー番組は90%以上台本がある。観察映画は台本のないドキュメンタリーの本質である。」とおっしゃっていました。

テレビの放送時間に合わせるために、どこでどのように撮影をして、取材をして・・・と台本に合わせて撮影をして行くそうです。もちろんこの台本は何か真実をねじ曲げるためでもなく、事前の取材からこうだろうと仮定して綿密に打ち合わせを重ねて書き上げるもの。予測して取りこぼしのないように素材を効率よく集めるためですね。

テレビドキュメンタリー:
あらかじめ台本が存在しており、そのとおりの映像を撮っていく

観察映画:
撮影前に台本を作らず、目の前の現実を撮影と編集を通じてつぶさに観察し、その過程で得られた発見に基づいて映画を作る

番組タイトル変更
それではNHKで放送された「女子ロード リオへのアタック~アジア自転車選手権~」はどうだったのでしょうか。先に書いた話からこれは観察映画のようなドキュメンタリーの本質ではなく、いわゆる台本があるドキュメンタリー番組だったんでしょう。当初、この番組サブタイトルはエースに託すリオへの切符でした。それがリオへのアタックに変更されました。最初のタイトルから分かる通りチームが結束してエースをサポートしてリオ五輪の出場権を獲得できるのか!?って台本が書かれていた事でしょう。それに合わせて撮影をして行ったけど、編集の段階に入り、制作側も何かを感じてリオへのアタックに番組を変更した・・・これはドキュメンタリー台本ではじまった制作がある意味観察映画のように編集の過程で得られた発見に基づいて変更したのかもしれません。

台本のあるドキュメンタリー番組はこんな番組を流したい・・・そんな製作者側の意図が少なからず介在します。

番組はレースの展開を観ながらその時の状況を選手にインタビューしながら進みます。その選手インタビューは與那嶺選手のみありませんでした。なぜそうなったのかはわかりませんが、不穏な空気を漂わせるには十分でした。チームが機能しなかった事を暗に伝えているようにも感じられます。撮影できない何か事情があったのでしょう。しかし、そこで深読みされたくないのであればテロップを流すとか電話インタビューを少しだけでも加えるとかしないとバランスがとれませんよね。意図的かどうかは別にしてフェアではないなぁと感じました。

C​h​o​i​s​e​ ​i​s​ ​y​o​u​r​s​
なんとなく背景を知っているからこの番組の歪さを感じつつ内容は理解できましたが、あまり詳しくない視聴者はこの番組を観てどう思ったんだろう・・・と自転車レースの伝え方の難しさを痛感しました。逆に言えばそれがこのスポーツの面白さであり奥深さでもあると思うんですけど・・・このようなボタンのかけ違いひとつで批判が生まれ、それが人格否定までに繋がるような意見を見聞きするとやりきれない気持になるんですよね・・・ですから、ドキュメンタリー番組は台本があるものだと知って、テレビでやってたからそれが全てだとは思わないで欲しいんですよね。

そこにはアングルが必ずあるんです。この説明自体も言葉足らずで伝えきれている自信はありませんが、とにかく様々な情報を得て、選択し、考えるのはあなたなんです。自分専用のモノサシで。

Mayuko Hagiwara
2015全日本ロード女子

Eri Yonamine
2015全日本ロード女子

Hiromi Kaneko
2015全日本ロード女子

DSC_0029
シクロクロス東京 2016



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/866-8f556cc6
    この記事へのトラックバック


    最新記事