BG FIT 見学会

2010年05月04日 08:00

フィッティングあってのスキルアップ

12/23 野田は輪工房の新店舗「the Longest Ride」店へ行ってきました。
このお店はSPECIALIZEDのBG FITサービスを中心としたプチコンセプトショップになるとの事。開店記念で公開BG FITとあの竹谷さんによる解説とペダリング講座が開催されました。

大掃除をする嫁さんを尻目に家から約10キロのショップへ向かいましたよ。

公開BG FITはめちゃくちゃ参考になりました。是非お願いしたいと思います。自分で漕いでても上手く言えませんが無理をしていて体がアジャストしてる感覚があり、ロスになってる部分がたくさんあると思うんですよね。素人ライダーが専門家の知識とデータをもとに客観的にアドバイスを頂けるなんて素晴らしい事です。

今までも興味がありましたが、青山のコンセプトショップまで行かねばならずちょっと躊躇していました。近所のショップで出来るのであれば、一度フィッティングしてもらい、その後しばらくして再度チェックしてもらう事もできます。
アライメントを出してもらっても最初は絶対に違和感があるはず。それは、長年自分でアジャストして無理してたのが普通になってしまっているから。クセが直ってから、経過を見てもらえるのもメリットですよね。

竹谷さんのペダリング講座も大変興味深く、今まで漠然とあった疑問が解消されました。雑誌で同じような事が書いてあるんでしょうけど、竹谷さんがローラーで実践して頂けた事でやっと理解が出来ました。あとは試すのみ。

ただし、スキルアップするにはまず最適なポジションであるか?って事。大事なのはそのベース。

SPECIALIZEDっていいなぁーって共感出来るのはこうやってライダーとの接点を大事にしてる所ですね。素晴らしく価値のある製品を適正な価格で売る事も大事でしょうけど、自転車は飾る物じゃなくて乗るモノ。そこに価値がある。(飾っても様になるのは二次的な産物)こうやって、基本的な事からしっかり教えてくれるのは本当にありがたい。

イタリアなんかでは、日本で言う野球やサッカーのスポーツ少年団と同じように地域でクラブチームがあってコーチがしっかりと教えてくれるんでしょう。文化としてしっかり根付いているから。
しかし日本は違う。土壌整備からしっかりとやって、それによってライダー自身が喜びや感動経験を積み、回り回ってメーカーの利益になる訳で。

先日、ある自転車屋さんでタイヤ交換をお願いしたのはここでも書きましたが、工賃の安さにビックリ。基本料金が決まってるんでしょうし、熟練のメカならもっと短い時間で交換が出来るのだと思いますが、アワーチャージで考えると相当安いと思いました。自転車業界ではサービスにお金を払う習慣があまりないのかもしれません。

しかし、お金を払ってでもキチンとポジション出しをして欲しいユーザーはきっと沢山います。でもどうやって頼んでいいのかわからない。お店もこれでお金を取れるのか躊躇してしまう。

そこで、メーカーが用意したシステムでいろんなツールを使って時間をかけて対応する。そこには、SPECIALIZED公認ってなんとなく安心感もありますし。でも、それは問題ではなく、お店の担当の方とじっくりとディスカッションしながら作り上げる事が喜びであり満足を得られる所ですよね。

サービス料で稼げるのはショップとしても嬉しいはず。物品販売だけなら通販に敵わない部分が出てきますから。
ユーザーも自分の為に担当者が約2時間付きっ切りでアドバイスをしてもらえて満足。両方の思惑が一致した良いサービスですよね。

そう考えると、やはりSPECIALIZEDは誠実な商売をしているなぁーって思います。自分のバイク購入後、すぐに日本法人立ち上げがあり物品の流通などヤキモキしたことありましたが、その効果がどんどん出てきている気がします。

BG FIT。サンタさんにお願いしよう。

竹谷さんのblog

SPECIALIZED JAPAN

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/86-4a06be8c
    この記事へのトラックバック


    最新記事