【観戦編】シクロクロス東京2016 Day1

2016年02月15日 08:00

2日かけて開催されたCX東京は、例年になく天候も味方して最高にハッピーな週末になりました。新人アーティストのショーケースライブってのがあるけど、このレースはショーケースレースって言う方が自分的にしっくりくる感じ。都心でアクセスが良好な所に比較的コンパクトなスペースで海外招待選手も呼び、砂浜を走るといった誰でも大変そうだな・・・って想像できるコースを走らせる。シクロクロスの魅力を存分に感じてもらえる設定になっていて、それが年々洗練されて今年はひとつ完成の粋に達したんじゃないかと思います。もうどこから書いていいのかいろんな事があり過ぎて困ってしまうくらいですよ。

Day1
春の陽気に包まれた1日目。いつもの大会のように参戦レースと知り合いのレースを観戦するスタイル。いつもと違うのはこのお祭りに全国から遠征に来ているライダーがいる事。SNSでは見慣れているジャージが目の前に。野辺山CXと同じような感覚ですね。

DSC_0163

そこら中ではじめてとは思えないはじめましてが繰り返される・・・そんなハッピーなバイブスに包まれていました。

DSC_0016
CM2、3はスプラッシュ走行をしてくれる人が多くて盛り上がりました!

会場の雰囲気とは裏腹にもちろんレースの方はいつもに増して過酷。乗れるセッティングを目指して見直されたコースは昨年までとは逆回りになり、砂浜区間でのクネクネもなくなって、テクニックとパワーがあれば確かに乗る事ができました。

DSC_0046

逆に乗車にこだわると、体力を消耗して速度も落ちてしまい後半に響くような事もあったりして、乗れるではなく、乗れるけど降りるを選択をできるかってところもポイントになっていた気がします。(経験者談)

DSC_0141

私の大好きなシケイン(バリアって言う方が通っぽいの?)はショートサンド区間を抜けてすぐの所にありました。砂浜で消耗してすぐリマウントしても若干の登り基調で地面も砂まじりでスピードが乗らなくてキツかったですね。

DSC_0347

初日は完全ドライだったので林間区間は特に問題になる所はなかったのですが、砂浜以外にも砂のトラップが仕掛けてあって地味
に気を使う部分もあったりして楽しいコースでした。

チャリダー!
Photo by 輪工房

レースはいつもの通りC4からスタート。今年はC4-Cに渡辺航先生(弱虫ペダル作者でありライバルw)とNHKチャリダー!の坂バカでお馴染み猪野学さんがエントリーされていました。渡辺先生は当日DNSでしたが、変わりに怪しい覆面のレーサーが、チャリダー!マンと名乗っていたらしいのですが中の人は竹谷さん。猪野さんは数年前に野辺山CXにも出ているんですよね。その時と同じように試走では元全日本女子CX絶対王者豊岡選手からレクチャーを受けていました。どんな放送になるのか楽しみですね。

DSC_0250

関東のCXではマスタークラスはCM1〜3まで同じグループで出走で更にCL1と混走が一般的ですが、CX東京ではいつもC2と一緒に走っているジュニアがCM1と走りました。マスターズの日本王者筧五郎選手とジュニアの日本王者織田聖のチャンピオン対決に会場が沸きましたよね。

織田聖 AIR! 

レース序盤は抜きつ抜かれつの展開。波打ち際から折り返しの所で乗れている周と苦労している周がそれぞれあってそこで順位が入れ替わるように見えた。力の差はあまりないか!?しかし終盤の波打ち際区間で逆転。後ろに筧五郎選手がピッタリ付いていても宣言通り全周回エアーを決める織田聖選手。写真は本人も一番お気に入りだと語ったテールウィップ。翌日のエリート男子に招待された外国人選手にも負けない高さとスムーズさでした。

後から本人のブログなんかを読むとお互いの駆け引きが面白い。世界戦で体験したブロックを砂浜で巧みに使った織田選手と最速ラインを見極めていたがそこに入るのが速過ぎて疲弊した筧選手。いつもC2でぶっちぎりの織田選手もこのような争いが日本でも出来るのは嬉しいだろうね。来年はC1で前田選手と熱い戦いが繰り広げられるのかな。

DSC_0439

翌日のエリートレースに出場権のない選手で争われたC1。しかし上位3人にはエリートレースの出場権が与えられる為にいつもと違った雰囲気があったのではないでしょうか。

DSC_0575

デイヴ選手(本物)を関東で観られる数少ないチャンス。CXに馴染みのない観客のザワツキがいつも面白い。

DSC_0649

今シーズンは怪我で出遅れた重田選手が危なげなくトップで翌日のエリートレース出場権をゲット。怪我がなければ普通にエリートレース招待は当然の選手ですが、それだけにプレッシャーはあったんじゃないでしょうか。明日のレースでどこまでやってくれるのか楽しみになる走りでした。

DSC_0842

やっぱり砂浜にはドラマがありますね。特にこの日は林間区間がイージーだったこともありますが。ランで全開に駆け抜ける姿にもしびれました。

#ハイスピードダート
Photo by Satoshi ODA

この日は最後にこんな企画されていて私も参加させて頂きました。ベルギーで開催されたシクロクロス世界選手権に参加する織田聖選手の為に有志が企画したドネーションTシャツを着ての記念撮影。レースで声援は送るも直接話しかけたりとかはした事はなかったのですが、春日部出身のCXerにとって春日部写真店と織田親子には特に親近感を抱いていました。ちょっと離れて見守る人で十分だったのですが、こんなキッカケを与えてくれた皆様には大変感謝しています。(関連リンク:写真で繋ぐバトン

この出来事以外にも一方通行が相互通行になった瞬間が何度も訪れました。自分自身、視力も悪く、顔認識機能に自信がないところもあって自分から声を掛けるタイミングを逸してしまう事も多々ありますが、声をかけてもらうと凄く嬉しいんです。ホントありがとうございました。

興奮冷めやらぬ感じで返りに輪工房に寄って社長とCXトーク。(仕事の邪魔してスイマセン)自分のCXバイクの洗車も後回しに写真のアップロード「シクロクロス東京2016 Day1」

観戦編Day2に続きます。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg




フジテレビのお膝元って事もありFNNニュースの取材もありましたが、やはりNHKチャリーダーの面々がロケをやってた事の方が盛り上がりましたね。朝比奈ちゃん顔小さくて可愛かったなぁ。

【朝比奈彩 一緒に走ろ】ハマる!シクロクロス初体験
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/857-c3e1f208
    この記事へのトラックバック


    最新記事