【観戦編】宇都宮シクロクロスシリーズ第3戦 ろまんちっく村ステージ

2016年01月19日 22:00

参戦記はコチラ

昨年まではジャパンカップシクロクロスの名称でジャパンカップサイクルロードレースの前の週に行なわれていたシクロクロス大会が今年から全3戦のシリーズとなってリニューアルしました。初戦も良い会場だとレポートに書きましたが、今回も素晴らしい会場とそれを活かした素晴らしいコースでした。前回は街の中心にある一般の方々にアクセスの良い都市型の会場。今回は道の駅という自動車があれば誰でもアクセスのしやすい会場。自転車の街としての実績と理解、そして意思を強く感じる大会となっています。

DSC_0126

清潔なトイレ、会場に近く十分なキャパの駐車場、フードの出展に風除けまで付いた暖房付きの休憩用テントなど観戦者に優しい作りは家族を連れて行く選手にもありがたいですよね。気の合う人とだけフォローし合うSNSに浸かっていると「シクロクロス熱い!キテる!」と思いがちですが実際は数多いマイナー競技のひとつ。人の目に触れる努力をする事は大事ですもん。

DSC_0075

林間シングルトラックや・・・

DSC_0184

3段キャンバーの激坂登りや・・・

DSC_0936

すり鉢状になっているドッグラン周りのキャンバー区間など競技の事を知らなくても単純にアクションが楽しいポイントに簡単にアクセスできて楽しめる観戦のしやすさも素晴らしい!

DSC_0149

惜しかったのはシケインの場所だけかな・・・観戦ポイントとしては人気の場所ですがちょっと入り組んだ入れない場所にあったので。メディアとかピットクルーしか入っちゃ行けない場所だったようです。知らないで入ってしまいましたが・・・。

DSC_0364

先ほど挙げたすり鉢状になっているポイント、駐車場からも見える3段キャンバーの登りはレースを見渡せることができるので展開がわかりやすいのもポイントです。C1レースの2周目で武井さんがトップに立ち、それを追いかける小坂光選手がキャンバーでミスをして落車した時は会場が湧きました。見渡せる会場であり、更にアクセスしやすく観客が多かったから生まれた状況です。

一緒に行った妻もレースを観戦していると思いきやドッグラン見てたりね(笑)まぁ、レース以外にも楽しめる場所があれば尚更いいでしょう。

DSC_0933

選手の息づかい、ウェア越しに見える躍動する肉体、そしてスピード感・・・

DSC_0776

スタート直後の集団の圧力、自転車の音と過ぎ去る時の風・・・この日はじめてシクロクロスを観た人はそれなりに満足してくれたんじゃないかと思います。

hijiriutunomiya.jpg

この日は世界選手権に出場する選手の壮行会もありました。もうトップ独走がお約束となっている全日本ジュニアチャンピオンの織田聖選手。爪痕残して来てくれよ!

と、まぁいろいろ盛りだくさんで楽しい大会でした。肝心のレースの話はシクロワイヤードに譲るとしますが、どのカテゴリーのレースも熱かった!

DSC_0102

改めてまた書きますが、日頃SNSを通じて一方的に、またはお互いやり取りをしている人とお話ができたりして楽しい観戦になりました。他人の昇格や奮闘を嬉しく思うのはその人がどうやって練習して来たかを知っているから・・・同じスポーツを楽しむ緩い繋がりですが、それが重なってこのスポーツがより奥深く、かけがいのないものになっているんでしょうね。

下手な素人写真ですが撮影した写真ですがFlickr!にアップしてあります。運悪く写ってしまったあなた!よろしければご自由にお使い下さい。(blogやSNSにクレジット入れてもらえると私が喜ぶしシステムもご利用下さいw)掲載に不都合がある方はご連絡を下さい。



次は茨城シクロクロス#2です。会場でお会いしましょう!

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/835-8eac9547
    この記事へのトラックバック


    最新記事