携帯工具は自転車の台数分必要か?

2016年01月15日 08:00

複数台自転車をお持ちの方にお伺いしたいのですが・・・お出掛け用の工具、チューブなどを含めたセットっていくつお持ちですか?

私はロード、CX、MTBと3台に対して1式しか準備していません。その時に応じて中身を入れ替えたり、サドルバッグからボトルタイプの工具入れに入れ替えたりしながら運用しています。でもこれって面倒ですねぇ。いつか忘れる気もしますし。

自転車携帯ツール

この写真に写っているのが基本的なセットなのですがロード、CX、MTBで多少入れ替えが出て来ます。例えばタイヤチューブはタイヤの太さ、径で変わります。タイヤレバーもCXにはTL用のタイヤレバーが必要ですね。もっと積極的なことを言えば自走でトレールに行くCXやMTBの場合は、現地で空気圧を調整したいので使いやすいハンドポンプがあったら最高だと思います。

そうなるとバイクごとに・・・用途ごとに携帯工具セットを準備した方がいいですね。
内容はほとんど変わりはありませんが、下記については仕様が変わってくると思います。

・チューブ(サイズ、本数)
・タイヤレバー(TL or WO)
・チェーン(10s or 11s)
・インフレーターカートリッジ容量(サイズ)


north bag portland

これらを好みのバッグに入れて準備しておくのが間違いないかな?長距離になるとチューブはもう一本増やそうとかアレンジはどうしても出てくると思いますけどね。最低でもロード、CXに対してMTBは別にあってもいい気がします。

もうひとつ考えてるのが携帯ポンプの件。現在携帯しているエアボーンのスーパーミニポンプはグランジの延長ヘッドと組み合わせる事によって、それなりに仕事してくれるようになります。小型でストロークも少なくポンプ回数は増えますが、延長ヘッドのおかげでポンピングの姿勢に自由度ができてバルブを破損するリスクがなくなります。安心してBJして下さい。

バルビエリ ポンプ

それに引き替え先日のパンク修理で持ち手がすっぽ抜けてお逝きになった携帯ポンプ。ケージ付きで2段階伸縮型と高圧が入りそうな仕様ですが購入後一度も仕事をする事なく壊れました。パンク修理で最終的にエアーを充填するのはインフレーターに任せるとして、その前にチューブに予め少し空気を入れておくのに最低限のポンプが欲しいところ。それなら今まで通りスーパーミニポンプで大丈夫。又はインフレーターとエアポンプを兼ねたPDW NINJA™ PUMPなんかもスマートですね。



ですが、最初に書いた通りCXやMTBで空気圧高めで舗装路を自走して、トレールやコースで空気圧を下げる、帰りにまた空気を入れるなんて時にはそれなりに使いやすいポンプがあれば最高ですね。使いにくいのだと高圧のまま、又は低圧のまま走ってしまうでしょうから。

そこでTOPEAKのミニモーフ辺りを1本持ってると便利かな?と思いました。コンパクトながらフロアポンプのように使えるアイデア商品です。自転車に取り付けるのは趣味ではないので必要な時にバックポケットやバックパックに入れる感じ。



私の使用環境だとこれくらいが揃えば安心・快適な気がします。それぞれの環境や考え方で最適解は変わってくると思いますが何かの参考になれば幸いです。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/833-5f2e3c11
    この記事へのトラックバック


    最新記事