2016/01のRAIZIN CX THE BOMBER

2016年01月16日 21:14

初年度のロードのお古でとりあえず組んでみました仕様から、2015-2016シーズンを前にコンポーネントの変更等を含めて大幅な変更をしたライジンシクロクロス「THE BOMBER」ですが、シーズン中にもいくつかアップデートを行ないました。

ライジン ビスポーク 自転車
2015/12湘南シクロクロス中井中央公園にて

クランク(SHIMANO FC-CX50)の交換
160mmにはじまり、今シーズン前に165mmに変更をして、ついに170mmクランクに交換しました。ロードの始まりは170mmだったので原点回帰とも言えます。重いギヤを速く踏めないとスピードは出ないし、加速と減速を繰り返すCXは回せるだけ長いクランクの方がいいんじゃないかと戻す決意をしました。MTBで170mmを違和感なく回せているし大丈夫だろうと。

チェーンリング(WOLF TOOTH CX Chainring)の交換
チェーンリングは38Tから34Tに交換しました。RDはこれ以上大きく出来ないので(現在ローは28T)、コースによるセッティングでフロントを交換してロー側の対応をしようと思います。

リヤカセット(SHIMANO CS-9000)追加
CS-9000 11-25を追加で準備しました。今まで使用していたCS-6800 11-28よりクロスしたギヤでコースによってはアドバンテージがあるかもしれません。またDURA ACEグレードなので軽量です。

ここでギヤ比についてですが。関東のコースで今の所ローが欲しくなったのは今シーズンで最後となった初戦の埼玉秩父CXだけで、それ以外は今の所必要ありません。湘南中井でローに入れる場面がありましたが、降りてランした方が速く実際には使っていません。まだ茨城CXの新しいコースで使用する可能性も残していますが、できるだけひとつのセットだけで対応できればいいと思っています。新規導入したリヤカセットのロー側25Tも含めて汎用性の高いセットを探りたいと思います。

その他
秩父CXでの落車をキッカケにバーテープをオレンジからカモグリーンに交換、ボトルケージの脱着が面倒なのでファブリックのケージレスウォーターボトルシステムを使っています。

8.91kg
前回より微増です。細かいパーツが若干軽量になったのですがクランクでプラスに転じたか。

詳細仕様
右デュアルコントロールレバー:SHIMANO ST-9001
左ブレーキレバー:SHIMANO BL-S705 B
リアディレイラー:SHIMANO RD-9000
カセットスプロケット:SHIMANO CS-9000 11-25 NEW!
クランク:SHIMANO CX-50 B 170mm NEW!
チェーンリング:WOLF TOOTH 110BCD 34T NEW!
ブレーキ:SHIMANO BR-CX70
カートリッジBB:CHRIS KING
ヘッドセット:CHRIS KING
ハンドルバー:DIXNA J-FIT ARC 420mm
ステム:DIXNA 77STEM 110mm
サドル: Specialized Romin Evo Comp Gel
シートピラー:EASTON EA-50
ペダル:SHIMANO PD-M9000 NEW!
ホイール:Shimano WH−RS81−C24−TL
タイヤ:IRC SERAC CX TUBELESS

今シーズンはアクシデントがない限りもうアップデートはないと思います。シーズンも折り返しで前半戦の骨折DNSの分も楽しんまないとね。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/831-47fcaf79
    この記事へのトラックバック


    最新記事