CS-9000 11-25

2016年01月09日 10:00

何末も押し迫った頃、にお買い得情報を知り衝動的にポチッた部品が英国(PLANET X)より到着しました。CXのロードワーク用に用意したホイールを追加したのでカセットスプロケットを注文しようと思っていた矢先だったので渡りに船と思いましてね。まさかカセットスプロケットでDURAを使うとは思いませんでしたが(とんでもな値段なので)日本で買う半額以下だったのはサンタさんの配慮かもしれません。

SHIMANO CS-9000

思っていた包装と違う・・・いわゆるバルク品ってやつですかね。完成車メーカーに収めたりするやつ?DURA-ACE豪華ボックスには入っていませんでした。すぐ捨てちゃうから問題ありませんけど。持ってみるとめっちゃ軽くて心が躍ります。

SHIMANO CS-9000

さっそく計測。11-25の構成で実測173gでした。CS-6800が同じ構成で228gなので55gの軽量化です。現在使っているCS-6800 11-28(249g)と比べると76gの軽量化になるようですね。

しかも大きな歯がカーボンスパイダーとチタンで構成され軽量化されています。ずっと回されている部品なので数字以上にメリットが大きいのではないかと想像しています。

CS-9000 11-25

平地主体の関東のCXコースではフロント38Tのリア・ロー25Tで十分対応できると思い、今回28Tまでのワイドにしませんでした。どうせDURAにするならより軽い方がいいし、大きいローが欲しければCS-6800に交換すればいいしね。

常用粋がクロスした11-25Tを活かせるのか?マメにシフトチェンジする方でもないのでちょっと意識変革が必要かもしれませんけどね。そういった意味でも使うのが楽しみな部品です。





人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ssalebaner.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/828-77658fa4
    この記事へのトラックバック


    最新記事