湘南シクロクロス 第3戦 中井中央公園

2015年12月28日 12:26

STARLIGHT CROSSで落車による骨折から開けての復帰戦。バイクロア、野辺山、野田XCレースと3つのレースをDNSした鬱憤は今年のうちに発散しておきましょう。

SHONAN CYCLOCROSS

湘南CXは昨年平塚競輪場(の河川敷臨時駐車場)に参加したことがありますが、埼玉からの参戦だと都内通過で時間が読めないので今回は余裕を持って午後のC4にエントリーしていました。それが思ったより高速道路がズムーズで2時間で到着(7時発で9時着)。宇都宮とほとんど変わりませんね。

SHONAN CYCLOCROSS

受付を済ませてコースをチェック。1年目のコースは動画で見た限りかなりテクニカルで危ない箇所もたくさんあったようですが、昨年はコースを逆回り?にした感じで階段登りって名物ができあがりました。今年は階段が脇の芝生スロープをうまく使って短縮されていました。

SHONAN CYCLOCROSS

階段があるからシューズのスタッズを外して会場に行ったのですが、新しく崖登りが追加されてました(苦笑)ここはスタッズあった方が楽でしょうね。午後の試走から自分の召集まで時間がなかったんもで試すこともできず、ドライだしとりあえずなしで臨みました。

SHONAN CYCLOCROSS

STARLIGHT CROSSが終わってからバイクはちょっといじってまして、クランクを165mmから170mmへ。チェーンリングを38Tから34Tにしてみました。ギヤ比については秩父や野田XC、茨城水戸のコースのようなところを走るために準備したのですが、平坦基調のこースで物足りないことがあるのかを知りたくて投入。交換するのが面倒だったってのもありますが・・・。

会場付近は丘陵地区なので会場付近の一般道を高めのケイデンスでくるくると実走をして心拍をあげました。試走を2周走って急いで召集へ。試走開始遅れたのに、召集はそのままか・・・昨年は早いもの順だったのですが、今回はゼッケン順でしたよ。

レース C4B(午後)
ゼッケン順で2列目アウト側から2番目となかなかのポジション。最初の階段は渋滞するだろうからそこまでに前にいた方が有利なのはわかっていたのですが、ツッコミすぎてミスりそうなところ(アスファルトから砂利に入る部分)もあったので周りの流れに合わせて様子を見る。結果的にこれが間違いでしたけど。

階段はガツガツと担いだ自転車をぶつけながら階段へ。狭いからどうしても当たってしまうのよね。いくらがんばっても抜けないので周りのスピードに合わせて登る。まだ一周目だしそんなにキツくなく、階段の後は下り基調なのでココ全力で行ってストロングポイントにできるんじゃないの?って真剣に思ってました・・・しかし1段抜かしでじっくり登るのが精一杯で駆け上がるようなことはできませんでしたね。

SHONAN CYCLOCROSS

トンネルをくぐりグランドへ。下り基調から登り返しでガケを登り担ぐあたりもまだ1週目は渋滞中。平坦から2mくらいのギャップを登るところで差が出ていたような気がします。そこで何人かパスして前へ。

IMG_1550
Photo by 純先生

グランドに降りるドロップオフに掛けての追加エリアはとにかく楽しかったです。崖登りもツライけど本場のコースみたいでいいじゃないですか。
その後、滑りやすいグランドのクネクネゾーンは無駄なペダリング、ブレーキはしないようにスムーズに抜けることによって心拍をと整える場所に。その後ゴールラインへ向けてアスファルトの登りがあるのでそこに備えました。

1周目は先頭から45秒遅れのコールで15番くらいでしたかね。パックにはなっていませんが前後に気配はある感じ。ファーストラップの6分07をキープできればじわじわと上げていけたんでしょうけど。ここからの3周は6分30秒付近に落ち着いてしまいます。単独になると休んじゃうんだよなぁ。

その間に垂れてきた前走者を何人かパスして12位に前のMTBを捕まえたいと思ったのですがなかなか縮まらない。後ろは離れていたのでキープだな・・・と思った瞬間新エリアの崖登りでうしろからすごい音が!下りからの登り返しでチャレンジしたようで落車していました。こりゃまずいとギヤを入れなおします。「落ち着いていけば追いつかれない、大丈夫!」と声援を受けて頭は冷静に、ギャンブルしないで今までのラインを正確にトレース、踏めるところではしっかりと踏んでクネクネゾーンでも逃げ切れたと思いましたが、ゴールラインへアタックしました。

公式リザルト:12/37
Lap1 0:06:07
Lap2 0:06:33
Lap3 0:06:33
Lap4 0:06:34
Lap5 0:06:18
合計タイム 0:32:05

最終ラップを追い上げてきてくれた選手とゴール後に健闘を讃え合う。おかげさまで最後追い込めましたと。やはり単独だとペースが上がらなくてダメですねぇと。辛くてもプレッシャーをかけろって事ですよね。相手も辛いんだと。休んだ3周を45秒短縮できれば昇格争いができるようですね・・・遠い。

カルさんさん(@h_cal)が投稿した写真 -



でも、ゴール後こんな顔できるんだから最高としか言いようがありませんね。その後倒れこんで酸欠による頭痛で動けませんでしたけど。純先生の補給と撮影に感謝。

1ヶ月走れない期間があり、久しぶりのレースでこの結果は大満足。多分、このあたりが自分の現在の実力でしょうね。茨城も14位で幕張も落車前まで12位でしたから。まぁ、そんなリザルトよりも倒れこむくらい追い込めた事が本当に嬉しかった。それは健康である事はもちろんですけど、競い合う場があり、相手がいて、声援を送ってくれる人がいて、名前まで呼んでくれる人がいて・・・そんな環境に戻ってこれた事への感謝しかありません。なんか興奮状態で泣きそうになるくらいでしたよ。

夜に予定が入っていたのでレース後C1レースを途中まで観戦して帰路へ。高速のアクセスもよく渋滞もなかった事でストレスなく帰る事ができました。

同じレースを走った方のオンボード映像がアップされていました。3周目の最初(13分26秒)に出てきます。サイクリストとしては太めの体躯が改めてため息なのと、階段手前でかなりバテているのがわかりますね・・・。



ちなみにトップカテゴリーはこんなに軽やかです。崖登りあそこまで乗車でいっちゃうのか。


15-16 JCX#8 : Shonan Nakai (SHN#3) from pigmon on Vimeo.



次戦は2016年1月17日の宇都宮CXです。新コースは来年のい全日本開催が決まったロマンチック村です。楽しみですね。

【追記】
やっと正式なリザルトがアップされたので確認と比較。自分のタイムを同じカテゴリー4の最初に走ったグループに当てはめると18位くらいでした・・・シングルリザルトは思ったより遠いのかもしれませんね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

  1. SAKI | URL | -

    復帰おめでとうございまーす
    自分はやっと日本に帰って来ました(笑)

  2. カルさん | URL | -

    SAKiさん

    おかえりなさい!長かったですねぇ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/819-c2fcc3eb
この記事へのトラックバック


最新記事