自信から過信

2015年12月22日 22:00

野田のレースコースを一週間後に走ったときの話。コース脇から歓声を送り見ていたドロップオフに心の準備もしないまま対峙した時、足を止めてエスケープの方に戻りました。

DSC_0605

怪我明けで当たり前の判断でもあるのですが、そこに無鉄砲にチャレンジできないのがちょっと淋しくもあったりして。スノーボードに熱を上げていた20代の頃は「ヤバくても命までは取られないだろ」と結構大胆なチャレンジをしていたと思います。根っこは自分の運動神経への絶対的な自信だったわけですが、それが歳を重ね衰え過信に変わっても気が付かないフリをしていたのがつい先月までだったのかもしれませんね。

さて、過信だった事に気が付いてからどうするか?それはやはり経験とスキルを地道に積み上げ根拠のある自信をもう一度手にするしかないでしょう。諦めた訳ではありませんよ。この新しい事にチャレンジして上手くなる過程が大好きマンなのは変わりがないので。

DSC_0588

いや、ホントあの難コースをあのコンディションで走った参加ライダーには敬意を表します。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/813-05482cb8
    この記事へのトラックバック


    最新記事