【観戦編】Rapha Super Cross Nobeyama Day2

2015年12月02日 08:00

宿泊したホテルは野辺山駅からすぐの八ヶ岳グレイスホテル。洋食のフルコース、朝食バイキング付きで12,500円とリーズナブルでした。早めに予約して良かった。部屋のバルコニーからは八ヶ岳が一望できました。星空見学会なんかも開催しているんですね。今回は早朝からのドライブで疲れていたので睡眠時間を優先しましたが次回は体験してみたいな。

IMG_0563

今日もよい天気。牧場では水は貴重な資源で洗車にも時間制限を設ける等気を使っていますが、それでもあれだけドライでは物足りないとコースに水を捲いたそうです。コース脇でスタッフをしていたおっちゃん達もこうじゃないとなと盛り上がってました。

DSC_0071

この日はC4のレースから観戦。自分が走る予定だったレースです。自分のライバル、知り合いも、知らない人もできるだけ多くの写真を撮りにきました。トップカテゴリーはいくらでも誰かが撮ってますからね。入口のカテゴリーこそこれが大事なんです。皆さん、よろしくお願いします。

DSC_0151

いつもはC4は3グループとかに分かれて出走しているのですが。野辺山は100人以上が一斉にスタートするのでかなり迫力があります。やっと渡辺せんせーと走れると思ったのにな。

DSC_0380

この日も八ヶ岳をバックにローから狙う。皆さん。年賀状にいかがですか?(笑)

DSC_0495

散水が功を奏してコースはマディーな感じに。落車が繁茂に発生するようになりました。舗装路の登りを駆け上がり下り基調からのコーナーなので結構スピードに乗ってるんですよね。ワイドなラインでクリアするのが正解のようでした。

DSC_0549

一度スピードを落とすと乗車が厳しくなるのでタイムに大きく響きます。

DSC_0628

この状況はC3やマスタークラスまで続きました。その後ドライなラインが出現します。

DSC_0639

FAT BIKERはこれを待っていた事でしょう。

DSC_0775

こんな晴天で路面はそこそこマディー。シクロクロスにとっては最高のシチュエーションかもしれませんね。こんな笑顔がそれを物語っています。まぁ、雨が降っても雪が降ってもCXerは" 今日はシクロクロス日和だ "って言うんですけどね。

DSC_0870

洗車が面倒だ・・・とか言いながら泥だらけにならないとシクロクロスっぽくないですよねぇ。牧場の泥っていろいろな有機物が混ざってそうですが・・・。

DSC_0990

泥に付き物なのがディレイラーハンガーの破損。俗に言うエンドガモゲタとかモゲラーとか言います。「バキン!」って嫌な音が何度か聞こえました。あれはエンドが折れた音であり心が折れた音だとも言われています。知らんけど。

DSC_0318

マスタークラスは女子と混走。華やかでいいですね、華やかで。TOYOのNEWジャージは青空に映えてキレイでした。

DSC_0339

何かと話題のチャンヌ氏。ジャージやキャップは見た事がありましたがご本人は初。

DSC_0404

あなたはディスマウントの時、右足を左足の前に持って来ますか?それとも後ろ?最近は前にスルーする人は少数派なんだと気が付きました。

さぁ、C2って所で残念ながら一眼レフの電池が切れてしまいiPhone6Sでの撮影にチェンジ。C2のときにランチをして、その後は今まで撮影していない所で応援しようと移動を開始。

IMG_0641

お昼の試走中の豊岡選手。與那嶺選手は武井選手でありコーチと一緒にコースを走り確認をしていました。

nobeyamaday2.jpg

エリート女子のスタート。どちらかと言うと泥は苦手と言っていたリサ選手ですが、すでに乾き始めていた泥は問題なし。やはり序盤から前に出ます。

IMG_0653

今井選手も食らい付きますが徐々に離されて単独走に。

IMG_0684

與那嶺選手は途中武田選手とパックを作り争っていましたが、後ろについて機会を伺っていた武田選手が今日は前へ。

IMG_0727

舗装路の緩い登りを走る吉岡選手。やっぱり単独になるとツライですね。どこかでがんばって前に付かないと。プレイングマネージャーの須藤むつみ選手はしっかりパックになってました

sakamotocuore.jpg

展望台から見ていたバギーコースですが足を踏み入れてみました。クオーレの坂本選手。自分の記憶が正しければ私がはじめて参加した茨城シクロクロスで一緒に走った気がするなぁ。そしてしっかり抜かれた気もする(苦笑)

IMG_0773

三つ編みがトレードマークの相野田選手。海外の選手でも三つ編みが多いのですが、1本で真ん中に結うとヘルメットと干渉して邪魔なんだって!

IMG_0929

ズームがダメなiPhoneのカメラでも選手がグッと寄って来てくれるバギーコースが楽しくて男子エリートが始まっても割とここでひっそり過ごしました。この泥コーナーは割と大きめの石が埋まっていて結構な音と共に接触する選手も。

IMG_0832

13番をひっくり返して付けるティム選手。バイクはプロトタイプのレフティーCX!1日目はスクール講師だったティム選手も2日目はレースに参戦。日曜だけ参戦の選手も結構多かったと思います。逆に竹之内選手は体調不良でD.N.S. 来週の全日本に向けてってのもあるんでしょうね。プロフェッショナルな判断だと思いますが竹之内選手をこの日だけ見に来た人は残念だったでしょうね。

IMG_0946

IMG_0887

C3から2に昇格を決めた野寺シマノ監督をはじめ、チーム右京からは畑中選手、ブリジストンアンカーからは西園選手も参加していました。

IMG_0910

MTBの山本選手も昨日に続いて参戦で異種格闘技っぽさが楽しいですね。

もう後はコースを移動しながら熱い戦いに歓声を送っていました。昨日はまたこれもプロの判断で途中でレースを降りたザック・マクドナルド選手がこの日は強かった!念願の野辺山シクロクロス初優勝だそうです。



これにて野辺山シクロクロスは終了。最後には花火が上がり大団円。余韻を楽しみたい気持もありつつ、明日からの仕事に備えて帰り支度を急ぎます。帰りも佐久IC経由で上信越道〜関越道〜圏央道で帰宅。途中、エンジンオイル油圧の低下を知らせるチェックランプ点灯によりGSでオイル補充。パーキングエリアでお土産を購入と2回のストップをしましたが自宅付近まで4時間で帰って来ました。野辺山と湘南CXの会場行くの対して時間が変わらないんじゃないかな?

乗らなくても楽しい野辺山シクロクロス・・・その評判は前から聞いていましたがまさにその通りでした。これでレースにも出場していたら多幸感とその反動でウィークデーに苦労するでしょうね(笑)それでもこの2日間をもっと楽しめるように・・・そろそろロードトレーニングからはじめます。

参加された皆さん、スタッフの皆さん、地元の皆さんに声を掛けてくれた方々。皆様のお陰で出場できない悔しさを感じる暇がないくらい楽しい日となりました。本当にありがとうございます!

Frickr!アルバム「2015 Rapha Super Cross Nobeyama Day2」

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/802-8e7c0594
    この記事へのトラックバック


    最新記事