シューズのスタッズ問題

2015年11月14日 16:36

海外でも話題になった日曜日の風雲たけし城スターライトクロスマッドコンディションのキャンバーや忍者返し「巻島・東堂二人の激坂」を蟻地獄として泥で滑って上がれないライダーが続出しました。せっかく上位で走っていたのにここで1分以上格闘して戦意喪失みたいなライダーもいたようです。

rwheelbroken.jpg

泥のコンディションで明暗を分けたのはテクニックと準備
Star Light Makuhari Cyclocross Race
Photo by Blue Lug

泥でスリッピーでも乗車で乗り切れるテクニックがあればOK。もう言う事はありません。皆の憧れです。そこを目指すにしても、やっぱりタイヤは泥にとられディスマウントすることもあるでしょう。そんな時に助けになるのがシューズに取り付けたスタッド(スパイク)です。

GIRO CODE

シューズのソールつま先側にプラスネジが取り付けてありますが、そこにスタッドを取り付けて泥でのグリップを確保する訳ですね。

studmtb.jpg
studs.png


LAKEのシューズでは3種類の異なった種類のスタッズを取り付けられるタイプもあるようです。これブースで売ってたら買う人いるでしょうね。これ割と万能選手なのかもな。何も尖ったスパイクじゃなくて普通のフラットブロックもラインナップしてあれば減っても交換して長く使えそう。

klake3studs.jpg
Photo by CX MAGAZINE

シューズに最初から付いてくるメーカーもあるようですが多くがパーツのオプション販売なんじゃないかな。それでいて自転車屋さんで部品販売をしていない。ですからあのような悲劇が起きたのでしょう。私も昨年購入する際に見つからなくて「サッカースパイクのが流用できるらしい」と聞き試したのですが入りませんでした・・・。結局輪工房さんにMAVIC用のスタッドがあったのでそれを取り付けています。

Stads
左:GIRO純正プラグネジ 中:MAVIC純正スタッド 右:adidas サッカースパイク用ポイント

改めてネジ径を測ってみましょうか。

GIRO スタッド取り付けネジ径:5mm
adidas サッカースパイクネジ径:6mm

サッカースパイクのポイントも各メーカーによってサイズが違うのか?ちょっと詳細はわかりませんが、少なくともサッカースパイク用のスタッドがどのシューズにも互換性があるってことはないようです。

現在使っているプラスチックと鉄のハイブリッドもいいのですが、オール金属(GIRO純正 STEEL TOE SPIKE KIT )のもっと刺さりそうな形状も工具箱に入れておきたいと思っています。CXレースはコンディションに合わせた自転車のタイヤはもちろんシューズ及びスタッズのセッティングも大事って事ですね。









人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/792-d1e9170e
    この記事へのトラックバック


    最新記事