2015 CYCLEMODE

2015年11月09日 08:00

シクロクロスレースの合間にサイクルモードを視察。目的はシクロクロス用のシューズの物色。現在使っているのがカーボンソールでフレックスがかなり固くランで疲れるので樹脂ソールのものが欲しいんですよね。

derosask.jpg

とりあえず出店していたGIRO、フィジーク、シマノ、ノースウェーブ、SIDIで好みのモデルを見つけてサイズを確認しようと思ったわけ。会場入りしてフィジークを見つけたのでフィッティングの列に並ぶ。並んで気がついたのですがロード用の一部のモデルしかサイズがなく、他のシューズは42しか並んでいません。かなりの時間並んでいたのでそのまま履いてみたのですが「シューズによってフィッティングは違います」とか言われちゃんと何やってたんだろ?って感じですね(苦笑)お金かけて展示会に出して、それも何年もやってるのにこんなもんなんですね。SIDIもノースウェーブもGIRO同じような感じでした。

nwcxtech.jpg

せっかくだからノースウェーブでフィッティング用のシューズを履いてみます。どうやら39.5がいいみたい。CX-TECHの下位モデル以HAMMER CXってモデルが3本ベルクロ、靴に泥が入らないように工夫がしてあって好印象でした。代理店がインターマックスから変わり細かいパーツの供給や様々なモデルをラインナップしてくれるそうです。スパイクピンも付属なのでマッドなレースでも安心ですね(笑)

CANYON

Twitterでサイクルモードに出展しない自転車メーカーが羅列してあり、結局どこのメーカーが出てるの?って書いてあったのが秀逸でしたね。今回は通販専門のキャニオンが初参加したのが真新しいニュースでしたが他の大手メーカーってピナレロとデローザリドレー、サーベロくらいですか?インターマックスがいたからKUOTAもあったかな?他に新進気鋭のヨネックスはあったのを見ました。

Panaracer Gravel King

昨年は仕事の関係で出展のお手伝いをして事もあってなんとなく話は聞いていますが、このままの状態じゃまずいでしょう。ただスポーツサイクルを求める裾野の人口は増えているようで来場者はそれなりにあったような気がします。

世界を見渡してみると台北ショーみたいに生産工場がメーカー向けに行う見本市やドイツやアメリカで行われているメーカーが小売店やマスコミ、ユーザー向けに行う見本市がありますよね。またハンドメイドバイクのショーもあります。サイクルモードが行われる頃には来シーズンモデルの発表は終わって私たちはネットや雑誌、店頭でそれをすでに見ていたり、買っていたりするんですよ。じゃぁ、サイクルモードって何?って考えればまだまだ生き残りの策はあるんでしょうね。

唯一の心の残りは東京サンエスさんのカタログをもらい忘れた事。バイクロアで会えるかな?

CHERUBIM

ケルビムのロードアレンジのハミングバード。乗ってみたいなぁ。でも反抗期のオトナたちへ。ってキャッチコッピーはどうなんでしょう?赤面しちゃうよ。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/788-409241d0
    この記事へのトラックバック


    最新記事