まず肩の力を抜けよ

2015年10月27日 08:00

自転車に乗っている時に気をつけている事っていろいろあるのですが、それが無意識化でも継続してできているのか?を判断するのは難しいところ。

ibaraki cx c4a
Photo by シクロワイアード

しかし、意識していない時に撮られた写真を見れば一目瞭然。随分肩周りに力が入っていますねぇ・・・。

C3A

昨シーズン最後の茨城シクロクロスの一コマ。同じフォームだ・・・。なんか、こうスッとしてない。肩周りに無駄な力が入ればペダルへの荷重が上手くかからないだろうからやっぱりダメなんだ。自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)で体感したバランスの問題的にそうだと思う。何しろ格好も悪いしね(ココ大事)。

宇都宮シクロクロス

意識している時はできている気がするんだけど、客観的に見たらどうなんだろう・・・コーナーの手前だとリラックスしているように見えるんだけど。シチュエーションが違うので単純比較はできませんが、「あ、肩が上がっている・・・」って思った後に意識して下げているのでまだまだダメな瞬間ばかりなんだと思われます。

IMG_3451
Photo by 輪工房

昨年のスターライト幕張を引っ張り出して来ました。イマナカ式的後ろ乗りで骨盤を立てる事を意識していた頃。これもペダルに体重は乗せられません。それよりもお腹に目が行く訳ですが・・・今年もそれほど改善してませんけどね(苦笑)

昨年迄と確実に違うのは自分なりに良いイメージがあること。肩甲骨周りをリラックスして骨盤は前傾、新城幸也選手までとは言いませんが、上半身を真っ直ぐにすると腰の周りに力が入ってペダリングにトルクが掛かる気がするんですよね。言葉では伝えきれない感覚の部分です。これを無意識下で行なうには・・・時間をかけて乗るしかないんでしょうね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/777-432df14c
    この記事へのトラックバック


    最新記事