センサー追加を検討する

2015年10月08日 08:00

自転車が増えるとその分楽しみが広がります。私の場合、ロードからスタートしてシクロクロスを購入。自分の範囲内でも競い合う事で見えて来る事がありました。更にダートを走る楽しさを知りMTBにまで手を出しました。楽しみの幅が広がった反面、それぞれに自転車用に揃える部品があってコスト的には大変です。
自分の走りとお尻にあったサドルも台数分いりますし、タイヤの幅が違えばチューブだってそれように必要。ビンディングペダルなどもそうですね。その辺はないと話にならないのですぐに準備したのですが、なくても走れるけどないと寂しいのがサイクルコンピューターのセンサーです。

ガーミン センサー

GARMIN 810J購入時に付属していたセンサーはチェーンステーに取り付けるタイプでケイデンスと車速をどちらも計測できるタイプ。以前使っていたポラールはそれぞれにセンサーが必要だったのですが、こちらはスマートにおさまって非情に気に入っています。

しかし、ひとつ不安なところもありました。それはシクロクロスでの使用ではこのクリアランスでは泥が詰まった時に危ないんじゃないか?って事。どうしてもセンサーをマグネットが通過するのをチェックする構造ではクリアランスを小さくする必要がありリスクは避けられません。

2014 RAIZIN CX

しかし、新しく設定されているガーミンのセンサーは加速度センサーを内蔵しているようでマグネットいらず。スピードセンサーをホイールのハブ、ケイデンスセンサーをクランクにそれぞれ巻き付けるだけでOKな逸品。

ガーミンセンサー

このゴムバンドの耐久性が気になりますが、切れる前に定期的に交換しておけば問題ないかな。タイラップやテープ類を追加してもいいでしょう。速度に関しては本体のGPSだけでも表示する事は可能なので、割り切ってケイデンスだけ購入すればいいと思います。ツーリング(トンネルや森の中等GPSだけでは不安定な場所を走る)やローラーを使うロードの場合はスピードセンサーもあった方がいいのかもしれません。私はロードには旧センサー(速度、ケイデンス兼用)でシクロクロスには新しいセンサーをケイデンスだけ取り付けたいと思います。

以前のセンサーはマグネット通過付近でクランクを逆回転させちゃった時なんかに凄い高い数値が出たりしたのですがそのような誤作動が新しいセンサーでは発生しないそうです。それが最初の写真のクランク位置なのですが、下り坂でスタンディングしてる時なんかこのポジションになりますよね。微妙にセンサーを行ったり来たりすると凄い勢いでクランクが回転して来たと思ってしまう訳です。

DSC_0027

新しいセンサーにもちょっと不安な所があって、シクロクロスフレームは太いタイヤが入る事を想定しているのでチェーンステーが大きく貼り出しています。クランクとのクリアランスが小さめなんですよね。以前のセンサーを取り付ける時にガーミン純正マグネットをクランクに取り付けたら高さがあってチェーンステーに干渉しました。今回のセンサーはなるべくクランクの根本に近い所に付ければクリアできるかな?・・・できたらいいなと思っています。

自宅冷蔵庫購入時にもらってたヨドバシポイントでさっきポチッたところ。週末のレースには間に合いそうです。







人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

ちなみに・・・

今回私は購入しないスピードセンサーですが、ハブの形状によっては収まりが悪い場合があります。クリスキングとかだと浮いた感じになりそうですよね。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/758-0e28322a
    この記事へのトラックバック


    最新記事