T.P.O

2015年09月25日 08:00

TPO(ティーピーオー). Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合。Opportunityと使われることもある)の頭文字をとって、「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け」を意味する和製英語。


一口にロードバイクと言っても、レーサーの中にはオールラウンド、エアロロード、エンデュランスと大まかに3つの住み分けがありますよね。例えば長距離ツーリングだったらエンデュランス系が向いていると思いますが、人によってはオールラウンドを選んだり、エアロロードを選んだりとその垣根は割と曖昧でラップする部分も多いですよね。パラメーターはどこかでとんがっているけど他の部分もそこそこ性能が約束されていて乗り方や趣味で選んでも大怪我はしないでしょう。

しかし、MTBの世界ではその選択ミスが大きな差を生み出す気がします。

ダウンヒルバイクでクロカンを走ったら全く勝負にならないだろうし、ダウンヒルコースをフロントサスのみのクロカンバイクで攻略するのは相当なスキルがいることでしょう。これはバイクだけではなく、装備に関しても同じようです。

前置きが長くなりましたが、カーボンソールのクロカンレースシューズで担ぎ多めの山サイクリングに行ったらどうなるかをご報告しましょう。

girocodeafter1.jpg

私がMTBで使っているシューズはGiroのCODE。シクロクロスレース用に購入したカーボンソールのレーシングシューズです。MTBにも同じシマノのペダルを取り付けて同じシューズでどちらのバイクも乗れるようにしています。このシューズで先日のMTB廃道ツアーに参加したのですが・・・いやぁ、苦労しました・・・。

GIRO CODE

EASTON EC90カーボンソールを採用したこのシューズはどちらかと言うとロードのレーシングシューズと同じように人言の力をダイレクトにペダルへ伝えるように設計されています。力が逃げないようにソールは高強度でたわむことはありません。歩く事への対応は最低限でペダリングの事を考えて作ってあるわけですね。

GIRO CODE

これで山の中のトレッキングロードや腐葉土の上を歩くのは問題あありませんが、湿った急坂、ガレ場、濡れた石、水分を蓄えた丸太の上などを歩くのには全く向いていないので非常に神経を使いました。

トレッキング系シューズであればつま先のラバープロテクターなども装備されているのでしょうが、より軽量に作りたいレーシングシューズの場合はそんなプロテクターはなくガレ場でかなり損傷をしました。ソールについても赤い樹脂部分は濡れた岩場には全く効力がなく、ガレ場ではカーボン部分にダイレクトに尖った石が当たるので傷だらけに。

GIRO CODE

ラチェット式バックルのストラップも岩場で結構削れてしまうんですね。壊れるとかの前にまずソールが曲がらないので歩きにくい、ふくらはぎがパンパンでどうなるかと思いました。

ロードの世界ではなんでもプロ使用モデルを選んで長距離ツーリングしてもそんなに問題は起きませんし、ファストライドにはそちらの方がメリットが多かったりしますが。MTBではTPOを弁えないと、行く場所が場所なだけに(ケータイ圏外だったりタクシーなど公共交通機関も通ってない)トラブルは取り返しのつかない事になりかねません。

今回はグループライドでしたし、ルート的に無理なら途中で離脱できるルートがいくつもあったので問題が起きても対処ができるようになっていましたが、ひとり山奥でカーボンソールが割れてストラップが破損したら完走するのは大変だったでっしょう。

正解はレーシングシューズではなくトレッキング系のシューズがTPOに合っていたわけですね。

以前から言っていますが、シクロクロスレースでも必ず自転車を降りて走る場面があり、カーボンソールだけでは厳しいいと感じていました。サイクルモードなどを利用してもう少し走れる、歩けるシューズを物色したいと思います。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/745-32f4f2e1
    この記事へのトラックバック


    最新記事