秩父サイクルフェスティバル2015秋 「BIKE SHOP SNEL Trophy」さいたま秩父シクロクロス C4

2015年09月13日 22:12

今シーズンのAJOCC開幕戦は秩父から。今年が最後の開催となる秩父サイクルフェスティバルにて「BIKE SHOP SNEL Trophy」さいたま秩父シクロクロスが行われました。サマークロスで今年のシーズンプレスタートをして今シーズンの感触を掴み初戦から参戦する・・・心意気が伝わりますでしょうか?

会場となった野外活動センターは秩父の山奥にあるらしい・・・埼玉県人でありながら横移動が不便な道路の状況もあり、馴染みがない土地なんですよね。有名な白石峠を通りつつ、途中まるで他の車に追いつきもしないし、すれ違うクルマもない・・・こんな山深いところで合っているのか?と不安になりつつも受付時間ギリギリで到着しました。(備忘録:朝7時20分出発〜現地9時35分着)

今回のタイムスケジュールは上位カテゴリーからで私の参加するC4は最後。いつもなら朝一なので朝の試走に間に合うように行くのですが、今回は昼の試走があるからとちょっと遅く行きました。結果的にこれがダメでしたね。試走である程度コースの特徴を確認してC1のレースを見ればライン取りだとか参考にできることたくさんあったのにな。

DSC_0011

会場について開会式後にコースを覚える意味も含めてC1の撮影と応援をしました。そのあとは平日の疲れもあったので爆睡。C2はそれで撮影できてません。C3は自分のレース前なので撮らず。やっぱり朝一レースの方が落ち着いて楽しめるのでいいかもな。

試走
午後の試走で走ったところ、全くギヤ比が合ってない事が判明。フロント38Tでリアのローが28TでC1の選手なんかはこれくらいで走っていたと思いますが、私のパワーでは・・・この時点で今日は諦めムード。でもやれる事はやろうとIRCシラクノーマルからマッドに交換しました。空気圧はフロント1.7でリアが1.8に。心拍は試走の段階で上がったので持参した三本ローラーは出さず。

DSC_0051

C4 レース
C4出走は10人でL2と混走。1列目アウト側スタートでした。最初にあげてもギヤが足りないのでパワー切れで絶対にタレると思っていて、ホールショットは狙わなくてもいいかな?と思いつつ、でもシングルトラックに入る前に前にいないとダメだよな・・・と思い直しすれなりに踏む。そしたら一番前に・・・でもオーバースピードで1コーナーでスリップダウン・・・みんなだから踏んでなかったのか。

saitamacxstartc4.jpg
Photo by 関東サイクルスポーツ運営委員会

すぐに立ち上がりリスタート。左のブレーキレバーが内側に曲がっていたのが気になったけど、とりあえず操作に問題ないのでそのままに。グラウンド内のシケイン前ヘアピンで早めに降車して結構な人数を抜く。

dismountpassing.jpg
Photo by 関東サイクルスポーツ運営委員会

砂利の下りから登り返し。ココがかなりキツかった。ここも早めに降車して押しで。前の人の転倒に巻き込まれつつ2人くらいパスしてそこからは一人旅。正直前にも後ろにも何人いるのかもさっぱりわからなくてモチベーションが保てない。最初の2周は28Tをダンシングで踏み倒してそれなりにクリアしたけど3周目からは押しの場所が1箇所から3箇所に。カーボンソールは押しに向いてないな・・・とか余計な事を考えるくらいに集中できていない。歩いてるし。「おい、今はレースだぞ!」と言い聞かせたけどダメですね。

普通のロード乗りよりも普段テクニカルなシングルトラックを走っているだけあって恐怖感とか苦手意識もなかったけど、疲れて来るとラインをトレースできなくて何度も落車。落車の仕方?リカバリーが上手いと褒められるのは微妙ですがありがとうと答えられるくらいのダメな余裕がありました。
フロントタイヤをいかに転がしてラインに乗せていくか・・・テクニックで向上できる部分はまだまだたくさんある。これみなさんわかります?伸び代ですねぇ。

ラストの周回がいつかもわからず、最後の方で後ろから来たライダーに道を譲るテイタラク。結果ラストラップに入ったすぐのところでラップされたこともあり最終周回のジャンを聞くこともなく不完全燃焼で終わり。それでも5位だったのちょっと驚きました。

公式リザルト 5/10(DNF1名)



終わってみると体のあらゆるところに擦過傷がありました。ヒリヒリするのは傷だけ?

フィジカル
荻島さんがスクールでおっしゃっていた「落車はダメ、絶対!」をいきない破ってしまったところは反省。そのあと、コーナーで体が硬くなったことは否定できません。

ガーミンで心拍のデータを見るとマックスが182bpmで平均が172bpmでした。最近三本ローラーでメテオ(158bpm)をやってますが、レースではもっと上の領域を平均にしているわけです。この場合どうしたらいいんでしょうか?レースで心拍数が増える原因をなるべく排除して上げすぎないようにすると同時に、より強い負荷に耐えられるよう普段から心拍を上げてトレーニングするしかないんですかね。

心配しいていた運動誘発性ぜんそくは出ていません。本格的なシーズンよりも乾燥していなかったのが良かったんだろうな。

機材
raizin シクロクロス

とにかくギヤの選択ができるような対策を取らないといけません。まぁ、こんな感じのコースは他にないのいで・・・いや、茨城シクロクロスの追加コースが怪しいな・・・レースの時にいろいろお話しさせてもらった3PEAKSの方が使っていたWOLFTOOTHのディレイラーとエンド部分に咬ませるRoadLinkを使うと大きな歯数のカセットが使えるそうです。105のディレイラーにマウンテンバイクのでかいカセットを使っていて良さげでした。あそこまで大きなカセットを必要としなければアルテグラのGS(ロングケージ)を買っておくのも手なのかな?

RACE FACE CX-SINGLE RING NARROW/WIDE

フロントのナローワイドギヤをコースによって付け替える方が現実的ではありますが、RACEFACEの場合38Tが一番小さいので無理なんですよね。WOLF TOOTHなら50T〜34Tまであるみたいなので何枚か持っていてもいいかもしれません。

ガーミンマウント

レース前に導入した新しいガーミンマウントBAR FRY 3.0ですが、取り付け時に少し不安視していたハンドル径とのマッチングの悪さが露呈してしまい、最初の落車でこんな状態に。不幸中の幸いでガーミンがマウントから外れることはなかったのですが再考の余地ありです。ハンドルの31.8mm部分がもっと幅広く作られているのに交換するか、ガーミンマウントを交換するか・・・素直にゴムバンドでステムに固定するタイプの方がいいのかな?

ポジションが割とロードよりと言いますか、ステムが長めで低めにしてあり、前乗りのポジションになっています。このおかげで平坦基調のコースでは印象が良いのですが、秩父のようなアップダウンが激しいコースではステム裏返して高めに持ってくる方がいいかもしれません。腰を引いた時のポジションの余裕がなくてコントロールがしにくいんです。腰を引いた時にサドル(ROMIN EVO)の幅が桃に引っかかりきになる場面もありました。

いろいろ気がつく点があり、この点については大収穫なのですが、このコースは他の会場に比べて特殊なレイアウトでありこのままバイクセッティングを変える必要はあるのかは疑問。ただし会場でいちいちセッティングを変えるのは大変なので許容範囲の広いセッティングを目指したい気はします。今回の経験を踏まえて宇都宮と茨城を走ってみてからどこまで対処するか考えたいと思います。

トップ画像の左に映り込んでいるじゃないか(笑)

BIKE SHOP SNEL Trophy Saitama Chichibu CX 2015 from pigmon on Vimeo.









人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

【追記】
自転車ショップ「ON THE ROAD」Newsに今大会で終わってしまう秩父シクロクロスの事、そして茨城シクロクロスや関東でのシクロクロス大会についての回想録があります。そうか、自分のAJOCCコード「CXK」にはそんな想いが込められていたのか!先人達の努力の上で大会が成立ち、そこで新参者の私が楽しませてもらっている。そのバトンはどんなカタチでか分からないけどパスしていかないといけませんね。そのひとつとして、微力ながらもこのblogが貢献できれば嬉しいな。

DSCN2202

最後の最後にこの秩父CXを走れた事は幸せでした。須藤ご夫妻、影山さんひとまずお疲れ様でした!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. SAKi | URL | -

    お疲れ様でした~
    もう少しで表彰台じゃ
    ないですか
    モチベーションも上がるってもんですね

  2. カルさん | URL | -

    SAKiさん

    カテゴリー細分化されたのと、特異なコースなので参加が少なかったからそう見えるかも?(笑)
    3位と4位の差は結構あったので壁はまだ厚く高いのです・・・。
    でも昨年と違ったモチベーションは感じてますよ。行けるところまで行きます!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/735-e8cd6425
この記事へのトラックバック


最新記事