MERIDA CYCLO CROSS CANTI FRAME

2015年09月07日 08:00

こだわったビスポークバイクでシクロクロスに参加しております。それはそれで非情に満足しており単純な性能では語れない魅力、ストーリーが詰まったシクロクロスマシーンになっているのですが・・・最新のカーボンバイクはどんな感じなんだろうと考える事はあります。

昨年までの国内向けラインナップだとシクロクロスにはあまり力が入ってなかったメリダですが今年はディスクブレーキを装備したカーボンバイクCYCLO CROSS 9000をフラッグシップにフレーム売りのカンチブレーキ仕様もラインナップしています。それがこのCYCLO CROSS CANTI FRAM
meridacyclo.jpg

カンチ仕様の方がカーボンのスペックが高い!?
完成車のシリーズではラインナップしていないカンチブレーキ用のフレームです。注目なのはフレームのスペック。

ディスクブレーキ仕様:CYCLO CROSS 9000がRace disc CF3 R12
カンチブレーキ仕様:CYCLO CROSS CANTI FRAMはRace CF4 canti

このCFは恐らくカーボンファイバーの略だと思いますが、その後に続く数字が大きい方が高価なのはロードやMTBのラインナップを見てもわかります。ディスクブレーキ仕様の方が剛性確保の問題かな?スペックが抑えられていますね。フレームの重量を比べた資料がないかと本国のサイトを覗いてもこのカンチ仕様が出てこないのでよくわかりません。ちなみにCF4はロードのSCULTURAで言う所ランプレが乗っているTEAMモデルと同じです。あっちは数字の後にLite MCとか付いてますけどね。※1

ディスク仕様も魅力的ですが前後のスルーアクスルなどホイールのラインナップ的にまだまだ・・・それでもSRAM CX1で構成された完成車でそのまま戦えるんでしょうけど、今までの資産を活かすならこのカンチ仕様のカーボンCXは魅力的です。私のようにロードで使っていたお古のパーツを再利用して最低限のパーツを購入して組み上げるには最高のフレームかもしれません。

しかも・・・お値段が¥210,000-!!! リドレーなんかと比べても安いですねぇ。ロードやMTBもそうですが性能はもちろん価格の競争力も凄い事になってるな。スポーツの道具として考えたらこれほど頼りになるブランドないでしょう。自分のCXからフレームだけ入れ替えて走ってみるとどんな風に感じるんだろう?そんな怖い事を考えてしまいます(笑)

円安もあり軒並み自転車の価格が上昇する中、この価格競争力と世界のレースでの十分な実績。SCULTURA TEAMや9000なんかも早く予約しないと買えないかも・・・と輪工房さんで聞きました。シクロクロスフレームの方はどんな状況なんでしょうね。シーズン間近ですし気になる方は早めの行動が良いかもしれませんよ。

※1本国サイトのSCULTURA TEAMだと"SCULTURA CF4"としか書いてないんですよ。Lite MCって表記は日本のサイトだけみたい。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/727-0d9e6c26
    この記事へのトラックバック


    最新記事