クイック式シートクランプ選び 2

2015年08月30日 09:00

クイック式シートクランプ選びのつづき。dkg FLIP-LOCK CLAMPにしました。ヘアラインの美しさにうっとり。本当はシルバーの方が質感があっていいのですが自転車が黒ベースなのでトータルを考えてこれで。

クイックシートポストクランプ 

このまま交換して取り付ければ・・・と思っていたのですが、私のMTBはシートピラーまでカーボンらしく(気がついていませんでした・・・)このblogをチェックしてくれているTくんに「トルク管理をしないと破損するカーボンシートピラーにはクイックはあまり使わない方がいいかも・・・」とのことでトムソンなんか欲しいなぁと思いつつ、家にあるアルミのシートポストに差し替えます。

DSC_0010
最初はTARMACに使おうと買ったディズナのシートピラー

アルミの27.2mmシートポストはCXで使っているEASTONを使おうかと思いましたが、思いっきり短く切っていたのでダメ。次にGIANT純正シートポストがありますがシートクランプ部分がシルバーなのでちょっと気に入らない。そこでGIANT OCRに使っているDIXNA 1ボルトシートピラーにしようかと。シートクランプ部分があまり衝撃に向いていない構造なのですが、CXで使っている事例もみつけたのでとりあえずこれにしてみます。

seatpostmeridaweigt.jpg
左:メリダ純正カーボンシートポスト 右:DIXNAアルミシートポスト

せっかくだから一応重量測定。長さ的にディズナの方が50mm短いのですが、それにしてもこの軽さは優秀ですね。購入時の記事で考察しましたがよくできています。横から1本のボルトで固定するシンプルな構造も軽さに貢献していると思いますが、上からの衝撃には2本留めのオーソドックスなタイプと比べて弱いはず。そこは今後注意して見守っていく必要がありそうです。

dkg Flip-Lock Clamp

ちょっと色が入ってしまったのでココはステッカー貼るなり塗るなりして黒くしようと思います。ポストの350mmから300mmに大丈夫かな?と思いましたが問題ありませんでした・・・(苦笑)dkgのフリップロッククランプは軽い力でしっかりと固定できますね。節度感も最高。カムの摩擦が起きる部分にはデュラグリスを塗っておきました。

これで工具を使わずにシートの高さを調整できるようになりました。舗装道路の自走区間では高めに。トレールでは一気に下げて自転車の上でスムーズに体重移動ができるようにします。こんな小さな部品でもちょっとこだわってみるとまた楽しいですね。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/720-2878ee4a
    この記事へのトラックバック


    最新記事