10年選手

2015年08月29日 08:00

ショップライドでワイワイと自転車に乗る時に機材好きとしては皆さんの自転車が気になる訳ですが・・・自分のバイクはかなり古い事を実感します。

jousuijou.jpg
2006 Specialized Tarmac Pro

日進月歩で進化し続けるカーボンロードフレームにおいて2006年式は骨董品?Specializedで言えば5世代くらい前になるのかな?(現在のS-WORKSは名乗っていませんがSL5で私のターマックはSLと表示される以前の無印S-WORKSと同じ型)
無印 S-WORKS
2005 Specialized S-WORKS

その年(2006年)のS-WORKSはSLとなり特徴的なエアロちっくなシートチューブや振動吸収性を高めるゼルツが排除されより洗練されたイメージになりました。エンデュランス系バイクのルーベとの住み分けをハッキリさせた結果かもしれません。S-WORKS以外のグレードは前年までの型で作られていたって訳。今でもよくあるでしょ?トップグレードが最初にモデルチェンジして翌年から下位グレードもそれに習うパターンです。

DSC_0036

この時代のTarmacを知らない方からは、かなり不思議な目で見られます。「弓なりのトップチューブとエアロチックなシートチューブはVengeっぽいけど(ルーベみたいに)ゼルツが入っているし、なのにTarmacと書いてある・・・」そう考えるとこの頃の設計を分割して特化して設計したのがターマックと、ルーベとVengeなのかもしれません。古いのか新しいのか判断に迷うみたいですよ。いろいろな規格を見たら古いのはすぐにわかるのですが。

プロチームへはチーム・ゲロルシュタイナーに供給していてシューマッハーやレベッリンがワンデイで力を見せつけました。2007年にはクイックステップと契約(TIMEからSpecializedに)をしてボーネン、ベッティーニが勝利を重ねます。SL2の開発には彼らの意見が反映された事と思われます。特にボーネンはジオメトリーが合わないとかの理由でアルミのバイクに乗ってしばらくレースに出ていました。

それから多くの有力チームに供給するようになり、更に最強のステージレーサーだったコンタドールと個人契約まで結び勝利を量産していった訳です。

2008 JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE
2008 JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE

まだSpecializedの日本法人は設立前で代理店はダイワ(現在のグローブライド)が行なっていました。Specializedと言えばまだロードではなくMTBのイメージが強かった事でしょう。ちょっと脱線しましたが、これくらいの昔話ができるくらい時が経ったって事です。

DSC_0151

経験のあるライダーのインプレッションは今でこそ雑誌やネットでいくらでも探せますが、たった10年弱前のなのに、それがなかなかそれが見つかりません。トップグレードならまだしもミドルグレードでは仕方がないのかな。当時の印象ってどんなバイクだったんでしょうね。それよりも知りたいのは今の感覚でこの2006年式ターマック・プロに乗った場合、現在のカーボンバイクと比べてどんな風に感じるのか?いろいろなバイクに乗っている人の相対的なレビューが知りたかったりします。

個人的には軽さはないけどじんわり踏んでも答えてくれる。下りも安定していて、いつのまにか集団の前方に来てしまうくらいの安心感があります。でもこれって絶対評価であって新型のカーボンフレームとの相対評価ではない。いいと感じている部分は、じつは他と比べると対した事ないのかもしれない・・・って。

2006 Specialized Tarmac Pro
現在のスタイル。160mmクランクとブレーキはアップデートしようかな・・・

手っ取り早いのは、私自身が最新のバイクにたくさん乗ってみればいいんですけどね。SL4の試乗ではその違いに愕然としつつ、自分のバイクも捨てたもんじゃないと納得できました。でも短時間ですからね。あの時に出した答えが正しいのかも自信がなく、自分以外の人の意見が知りたかったりします。

それに、その頃より少しは乗れるようになった今ならどう感じるのか?購入してから10年を前にボンヤリとそんな事を考えています。久し振りに試乗会で新しいのに乗ってみようかな?

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す




関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/717-7cbba844
    この記事へのトラックバック


    最新記事