モンベル フロントバッグ

2015年08月26日 08:00

なるべくならバックパックを背負いたくない・・・やっぱりいろいろなストラップで窮屈だし発汗して熱を逃がす背中を覆うのはパフォーマンス的にも良くない訳で。

東京サンエス ドイター 別注 レース

通勤で使っているのはドイター・レース。10リットルの容量がパンパンになるくらい荷物を入れています。具体的にはお弁当、コーヒーを入れたボトルに着替え(下着、靴下、Tシャツ)、ポーチ(薬やクリーム)、財布、モバイルブースター、名刺や手帳など。これをサドルバッグとフロントバッグなどに手分けして入れたらいいんじゃないの?ってことです。

toukinist_bikes.jpg

普段はボトル型ケースに入れた携帯工具類もサドルバッグに移動しているのでそれもサドルバッグかフロントバッグに入れる必要があるんだな。

そんな事をなんとなく考えてたら輪工房にモンベル フロントバッグの在庫があったので即購入。

モンベル フロントバッグ

付属のストラップでハンドルとトップチューブに括り付ける構造。特に防水だとかではないようです。メインとサイドの3部屋に別れた構成でそれぞれファスナーでアクセスできます。わざわざこんな小さなバッグを分けないで、メインファスナーでガバッと明けられて中はメッシュのポケットくらいでいいと思うんだけど・・・使ってみるとこれがいいのかもしれませんね。

montbellfrontbag2.jpg

自転車通勤前にさくっと取り付けて出掛けようと思ったのですが・・・あれ?取り付けるとフロントタイヤと干渉するぞ(汗)ハンドルに括り付ける構造なのでハンドルに取り付けているメーターやライトとの位置の取り合いがあるだろうとは想像していましたが、タイヤと干渉するとは・・・

この日の通勤では諦めて改めてフィッティングをしてみます。まずメーターやライトを外してフロントバッグだけを最適な位置に取り付けてみましょう・・・なんとか大丈夫・・・かな?私のように自転車のサイズが小さい=ヘッドチューブが短いレーシングジオメトリーの自転車でコラムをカットしてハンドル位置を下げていると当然のようにバッグの高さがあればフロントタイヤと干渉します。バッグのサイズがφ15×25cmなのでハンドルとタイヤの高さを計測してそれ以上あるか確認してみた方がいいですよ。

montbellfrontbag3.jpg

ちょっと寸法的に怪しい場合はリクセンカウルのフロントバッグのようにステーを取り付けてからの方が高さの調整など融通が利くかもしれません。

montbellfrontbag4.jpg

ここに入れるのはサドルバッグよりも繁茂にアクセスする荷物になりますね。いわゆる貴重品です。財布やケータイ、カメラ、モバイルブースターなど。補給食なんかもありかな。部屋が別れているのでひとつに携帯工具や予備チューブ、ボンベなどを入れてもいいかもしれません。でも私の場合はバッグに物を入れるとフロントタイヤにバッグが緩衝します・・・。

私の自転車は2006 Specialized Tarmac Proでサイズは49。ヘッドチューブレングスは100mmでステムは一番下まで下げています。かなり条件が厳しいんですねぇ。手持ちの自転車で考えるとMTBや小径車には使えそうですが使うシチュエーションは思い付かないって言うね(苦笑)バッグの手提げで使えそうなループをなにかで上に引っ張って固定しておくとクリアランスは確保できそうなので、その辺の工夫をして使うかもしれませんが、とりあえずこのバッグを検討中のレージングジオメトリー(ヘッドチューブが短い)スモールサイズの自転車に乗っている方はご注意下さい。ステムの下にカラーが入っていたりステム角度がかなり上向きであればその限りではありません。





人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/704-e691ce65
    この記事へのトラックバック


    最新記事