ふるさとサイクリング

2015年08月04日 21:00

私は神奈川生まれの埼玉育ち。タイヤの付いたノリモノはだいたい友達なのですが、両親が新潟県の出身なので幼少時代は盆と正月に1週間単位で帰省した事もあり古き良きふるさとの原体験が新潟県の長岡市にあったりします。先日、法事で帰省した際に自転車を持ち込んで懐かしいポイントを巡るサイクリングをしてきました。

ridestart.jpg

チャンスは早朝。4時に起床すれば3時間は乗れる計算。市街地から山へ向けてペダルを漕ぎ出します。

IMG_8371

なんでもない景色なのかもしれませんが、見渡す限りに真っ平らな関東平野に住んでいる者には幾重にも広がる山々と朝靄の神々しさに感動をしてしまうのです。

IMG_8373

1日目は悠久山公園経由で子供の頃に1度だけスキーをした事のある市営スキーへ。キャンプ場や牧場も併設されています。ぐるっと回ってじいちゃんとばあちゃんが眠るお墓へ永らくお参りに来れなかった事を詫びて帰宅。この日は足慣らしと翌日ルートの情報収集。

翌日も4時に起床して、一番の目的としていた八方台に向かいます。ここは中学生の頃に親子で初めてヒルクライムをした想い出深い山。長岡から栃尾へ抜ける峠にあります。買い与えられたレイダックで平地では敵わない大人達を置き去りにして駆け上る喜びを知った場所。第二期自転車趣味生活をスタートした時から戻って来たいと思っていました、あの頃置き去りにした大人とほぼ同じくらいの年齢になったあの少年はどれくらいがんばれるのか?

IMG_8417

途中、いろいろな事を思い出しながら、止まって写真を撮りたいと思いつつ、まずは止まらず足を付かないで頂上へ。中学生の頃に乗っていた重たいクロモリフィットネスバイクのレイダックのギヤ比はどれくらいだったのか?コンパクトギアなんかない時代ですからインナー39Tのリアのローが21Tとかだったのかな。当時から考えたらとんでもない軽量ヒルクライムバイクで挑みましたが勝負の行方はどうだったんだろう。

記憶の中でとんでもない斜度だと思っていた所が実際はどれほどなのか?当時はAVOCETのメーターだったので距離とリアルタイムスピードしか知る由もありませんでしたが、今回はGARMINによって斜度も表示されます。森立峠から八方台口に入りぐっと勾配が上がるのですが、そこはメーターを目視した範囲では10〜14%くらいが続きました。過去の記憶なのでもっと緩かったりしたらと思ったのですがそれなりにパンチのある数字だったのでちょっと安心しました。

頂上で息を整えながら休憩していると颯爽とあがってくるサイクリストがひとり。息を切らせた雰囲気もなく爽やかに挨拶をして下っていきました。仕事前にヒルクライムトレーニングみたいな環境を改めて羨ましく思います。チラッと検索してみると八方台ヒルクライム(距離約9km)はこの地域の人気練習スポットで30分を切るのが目標なんて書いてあります。計測区間を私のデータと照らし合わせてみると45分くらいでしたかね。思ったより計測スタートが早く、どこからスタートとかがわかっていればもう少し短縮できるとは思いますが、まぁ、こんなもんでしょう。

IMG_8428

下りは適当なポイントで止まって撮影をしながら。朝日に照らされた長岡市の風景が眼下に広がります。今日も暑くなりそうだ。

IMG_8424

この日の装備はこんな感じ。ホイールはDURA-ACE WH-7850SLでタイヤはIRCのX-Gard TL。空気圧は6ちょいです。リアカセットはMAX 30Tを付けて行ったのですが、チェーンが短くてロー側2枚(27、30T)は使えない感じ。フロントコンパクトのインナー34Tと24Tでクリアした感じです。そこで結果的に後半タイムロスになりました。まぁ、タイムアタックしていた訳ではありませんが。

永らくご無沙汰していたふるさとですが、繁茂に来る機会がありそうなので、そのうち計測地点を意識して走ってみようかなと思います。それよりもしばらくは行った事のない場所へ漕ぎ出す好奇心のが勝りそうですけどね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/693-2f10a42e
    この記事へのトラックバック


    最新記事