吸盤式の自転車ラック

2015年07月24日 08:00

シクロクロス参戦を機に購入したTERZO ライトサイクルキャリア サリス(SARIS)。シクロクロスレース帰りに自転車屋さんへ直行して納車されたMTBを積んできました。

mtbmount1.jpg

かなり強引な感じ・・・

mtbmount2.jpg

もう不安しかありません・・・パッと見てバランスが悪いのが伝わると思います。簡単にいろいろなクルマに取り付けられて便利で安価なこのサイクルキャリアですが欠点は強スローピングバイクはストラップの位置が合わないんですね。

saris_slope.jpg

白線で示したオーソドックスな形状のフレームじゃないと完全にフィットしません。トップチューブとシートチューブを固定するベルトの位置が問題です。ベルクロを多用してガッチリ固定するか、小径車かママチャリに使うオプションのバイクビーム [EC-BB]なんかを利用すればいいのかもしれません。

Audi TTに自転車を積む方法
以前にもいくつかの可能性につついて紹介しましたが、今でも継続して探っています。年に数回しか使わないのであればサリスまず十分なのですが、これだけ繁茂に使うとなるとしっかりした方法にある程度の投資をしてもいいでしょう。

有力だと思っていたヒッチメンバーは非対応
アメリカCURT社より車種専用部品は出ているのですがAUDI TT(8N)にはクワトロモデルにしかヒッチメンバーの設定がありません。スペース的にはFFの方が有利でしょうから、4WDにはフレーム後部にデフキャリアなどの強固な構造部品があったりしてそこにボルトオンできるのかな?モノがあれば現物合わせで確認できるんだけどそうもいきません。
ワンオフで取り付ける事も考えられますが、まずは何故大手でラインナップがないのか知りたい所ですね。何か理由があるはずですから。

やっぱり無難にルーフか
この時も細かく紹介しましたがスーリーでTT(8N)用のルーフアタッチメントは出ています。代理店に確認して取り付けマニュアルを送ってもらいましたが雨漏れについては問題なさそう。爪のかかり具合、ラウンドしたルーフ形状にキャリアがどうやって付くのか心配ですが事例はあるので問題ないのかな。

roof_bicycles.jpg

スノーボード時代と違ってこのシステムラックをシーズンオフだからと外す期間がない・・・1年中取り付けていると思うとイマイチ踏み出せない所もあったりします。

なんと吸盤式
worldsky.png

タイムトライアルなど限られたシチュエーションではJAGUARのクーペを使用するTEAM skyですがこのクルマは吸盤式のキャリアが付いていました。どこのメーカーを使っているかわかりませんが、SeaSucker社のBike Racksのような製品だと思います。

seasuckers.jpg

インパクトありますね(笑)動画もありました。リーシュコードみたいにどこかに縛っておきたい衝動にかられるのですが大丈夫なんでしょうか・・・。



インターネットの波を彷徨っていたら言葉の通じるところでも作ってましたよ。ホウ・コーポレーションオリジナルバイクキャリアです。

hohbikerack.png
Photo by HOH CORPRATION

SeaSuckerよりも細かい調整が可能でラウンドボディーに安心して取り付けられる事、部分補修が簡単な事が利点なのかな。UNIVERSAL-BIKE-01は価格が¥35,000 (税別,送料\1,000込)だそうです。ルーフラックと違って使うときだけ簡単に取り付けできます。事例がいろいろあります

hohsbikes.jpg
Photo by HOH CORPRATION

バキューム式そこまで不安に思うことはないのかもしれませんがやっぱり心配。価格については2台分だと7万(税抜き)ですからシステムラックとトップグレードの自転車アタッチメント(2台分)と同じくらい。これにしよう!と飛びつけないのは「何となく不安」って固定観念なのか、それとも注意を払うべき本能か!?

探してみるといろいろあるもんですね。





人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/681-13dcd97e
    この記事へのトラックバック


    最新記事