夏の高機能インナー対決

2015年07月10日 08:00

サイクルジャージの下に何か着ていますか?冬は気を使っても夏はあまり気にしない人も多いんじゃないかな?ちょっと前までその中のひとりでした。アンダーアーマーのコールドギア着ていた事もありますが、暑い日はインナーなしが多かったかな。冬にモンベルのジオラインの良さを体感した事もあり今年はふたつのメーカーのインナーを試しています。

OUTWET VS CRAFT
自転車用インナー

クラフトは自転車乗りの間では定番の逸品。対してアウトウェットは知らなかったのですが、プロツアーチームでも着用されているイタリアのメーカーのようです。写真を見て不思議に思った方もいらっしゃるでしょう。重ねてある下がクラフトでXSサイズ。上がアウトウェットでフリーサイズです。なんとワンサイズ展開でXS〜XLまでカバーするそうですよ。

自転車用インナー

どちらも基本的にはメッシュ素材でからだにぴったりとくっつき汗を吸収し、それを上のレイヤー(サイクルジャージ)に発散するようにできています。身体に汗でべたべたとまとわりつく事を防いでくれるわけですね。

アウトウェットはまるでニンジャのクサリカタビラみたいな完全なるメッシュ。エキスパンドメタルみたいな感じ。菱形の格子状になっています。メーカー曰く・・・

アウトウェットのスタンダードモデルとなるLPシリーズは、チューブ状に織り上げたドライヤン生地をメッシュ状に紡ぐことによって、吸水・速乾を最適なバランスで実現させることに成功。優れた水分処理機能を持ちながら生地面積を少なくすることによって、抜群の通気性を確保。身体にぴったりフィットすることから着ていることを忘れる程の軽快さが体感できます。とにかく発汗時の不快感を抑えたい方にお薦め。


身体にぴったりフィットして着ている事を忘れるとありますが、このドライヤン素材は肌触りが硬く決して着ている事を忘れる程の快適性はありませんでした。着圧もキツメですしね。私が肌が弱い事もあり人より厳しいかもしれません。
夏だけではなく冬にも使えるとの事でワンサイズ展開と共にシンプルな商品ですね。

自転車用インナー

一方クラフトの方は肌触りが柔らかくその点では比べるほどもなく快適です。同じくメッシュ素材ですか細い繊維を編んで密度が薄い所と濃い所を作っているので着圧が全体的に分散されるのでしょう。もちろんサイズ展開が細かくある事も要因だと思います。

Raphaジャージ

肝心の熱を逃がす機能についてはどちらも合格です。真夏の炎天下では試せてませんが、気温30度に迫る運動でもジャージが汗でまとわりつく不快感は感じませんでした。

総評
軍隊やレスキューでも使われ、夏も冬も使えるアウトウェットは面白い商品ですが、着心地があまりにも悪いのでリピートする気にはなりません。しかし、それが気にならない人であれば試してみる価値はあると思います。ハートレートセンサーをバンドを使わずに取り付けられるタイプもあるようですしね。ここまで読んで頂いたらわかるように当然私の選択はクラフトです。やはり柔らかい着心地は譲れません。価格もこなれていますしね。
ただ、これから真夏になりもっと熱くなった時に発汗に発散が追いつかない状況が訪れて性能差を感じられたらまた変わるかもしれません。気が付いた事があったら追記します。





人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/669-9ded22bd
    この記事へのトラックバック


    最新記事