シンプルでクラシックなロード用シューズ

2015年06月24日 11:06

以前、「ロードにMTB用のペダルとシューズは邪道か?」って記事を書きレースをする訳じゃなければMTB用SPDをロードに使うのはありだし、メーカーのカテゴリー分けに盲目的に従う必要がないと書きました。
でもね、やっぱりロードにはロード用のペダルとシューズを・・・って気持もあったりします。それは単純な話、カッコイイからです。なんだそんな事って思う人もいるかもしれませんが、それってやっぱり大事。Raphaのイベントでたくさんグラベル区間があるのにCXやMTBを使わずに頑にロードレーサーで走るのもそれでしょ。シリアスでクールな雰囲気はやっぱりスマートなロード用シューズにしか醸し出せません。

giroempwb.jpg
Photo by bikerader

その代表的観点からするとGIROのEMPIREシリーズ。シューレースに回帰した事により履くのは少し面倒ですがフィット感が容易に調整できて軽量、シンプルでトラブルも起きにくい・・・ある意味究極ですね。

speci74sh.jpg

Specializedから出ていたカンガルーレザーのシューズもカッコ良かったな。パンチングレザーの質感にノックアウト。クラシックなカンガルーレザーとBOAダイヤルの新旧ミックスした雰囲気が最高です。

rapha-climbers-shoes-809.jpg

パンチングレザーのシューズと言えばRaphaがGIROのシューズをベースにリリースしたClimber’s Shoesも。3本ベルクロって今やエントリーグレードシューズの代名詞のような感じもありましたが軽量だしシンプルでトラブルが少ない所はシューレース仕様と通じる所があるのかもしれません。ベルクロって何度も剥がしてると圧着力が弱まるのですが、修理サービスも充実するRaphaなので大丈夫なんでしょうね。

giro-prolight.jpg

こちらがRaphaのベースとなったGIRO PROLIGHTシューズ。悪くないけどRaphaと並べると・・・でもその分値段は安くなります。

FizikR3-2.jpg

フィジークからリリースされたR3B UOMOもなかなか良さげ。真っ白だったらもっと良かったのにな。でも今まで挙げて来たのはトップグレードでこれはミドルグレードなので現実的ではあります。それでもカーボンソールですし。

Sub6Shoe_1-1024x512.jpg

Specializedから昨日新型Vengeと同時にタイムを削れる関連グッズも発表されてその中に新型S-WORKSシューズも含まれていました。Sub6のシューレースバージョンです。詳しい解説が出てます

ヘルメットはミドルグレードで十分に感じていてシューズに付いてもいたずらにソールが硬いのは疲労に繋がる部分もあるので注意が必要ですが、そこはやせ我慢も必要だと思ったりね(苦笑)今回は白シューズの写真をチョイスしましたが、実際はヘルメットもシューズも白と黒の2種類欲しいなぁと思ったりね。ダート系は黒、ロード系は白ってことでもいいかな。3年半以上経過してへたってきたシューズの買い替え・・・予算と相談です。







人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/657-0fb16698
    この記事へのトラックバック


    最新記事