2004 ブリジストン・アシスタ(エアハブ)

2015年05月25日 08:00

半年ほど前の話。訳あって我がガレージに電動アシスト自転車がやってきた。少々くたびれた外観と、リチウムイオン全盛の時代にニッケル水素電池。アシスト比率も控えめな頃の規格。電動アシストバイクとして旬は過ぎたかまだまだ乗れる。

スペック的には変速ギヤなし、ハブからタイヤに空気を充填するシステム(エアーハブ)がついた変わり種。完全なるご婦人御用達近距離ジャパニーズカーゴバイク然としたルックスでカスタム心を煽られるのだが、ココにコストをかけるのもなんだしね。いらない部品を外して軽量化。さらにガレージにあるストックパーツと交換して駅までの足として活躍してもらおう。

ブリジストン アシスタ

とりあえず破れていたシートをエレクトラ(ビーチクルーザー)に付いていたサドルに交換。デカすぎだけどこれしかないからしょうがない。さらにチープなプラスチックペダルを三ケ島のペダルに交換・・・う0ん、全然イケテない。

やっぱりせめて後ろのカゴは外さないとね・・・

bs_asista2.jpg

ついでにリアキャリアも取り外してスッキリ。フロントもカゴ外してキャリアつけてバレットライトとか、ハンドルもスワロータイプに交換、塗装など構想はありますが、それよりも実用車らしく消耗品にお金を適切に使った方がいいでしょうね。この後古いグリップを交換してチェーンをメンテして終了。

夏場は駅まで歩くと汗が引かないのでコイツに活躍してもらおうと思います。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

発売当時のメーカー広告より

軽量ニッケル水素バッテリー搭載
軽くて持ち運びに便利です。
1.8時間の充電で27km(一般路)の連続走行が可能です
エコモードで走れば37km(一般路)走行がOKです
サイド脱着式なので取り外しも簡単にできます
手元スイッチでバッテリー残量の4段階を確認できます

乗り降りしやすい、新U型アルミフレーム
アルミフレームでお買得価格を実現
女性にうれしい、またぎやすいU型低床フレーム
一般のの26インチ婦人車より6cm低くなりました

新ドライブユニット
センターマウント採用により重量バランスを向上させました。
アシスト力のエネルギー効率も最適化されました。
航続距離アップにも貢献
乗り降りの楽な低いフレーム作りにも貢献

一発二錠ロック 
後輪錠のレバーを下げる一回の動作だけで後輪錠とハンドルを同時にダブルロック
強度を高めた前後ロックで盗難防止機能を更にアップ。

ダイナモランプ リモコンレバー
座ったままで、手元操作で簡単にライトの点灯、消灯が行なえます。手も汚さず、安心です。

世界初のエアハブで空気圧が常に適正で走れます。

【世界初】ポンプのいらないエアハブ電動自転車
適正空気圧でいいこと3つ
・軽快に走れます
・パンクがしにくい
・タイヤが長持ち
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/632-9265d67e
    この記事へのトラックバック


    最新記事