ロードにMTB用のペダルとシューズは邪道か?

2015年05月01日 21:00

ツーリングにはロードでもSPDペダルの方が快適?
昨日の輪行ツーリングはいくつか試した事があって、ひとつは吊らない為の補給、バックパックを背負わないサドルバッグのみの輪行、そしてロードバイクにMTB(CX)用のビンディングペダル(SPDペダル)とシューズにした事です。

ロードにSPDペダル

以前から気になっていたこのロードにSPDペダルのスタイル。メリットは旅先で歩き回るのにクリートが地面に当たらず歩きやすいシューズである事。それにより輪行行き帰り用にサンダルなどを持って行かなくてもいい=荷物が減るって事が考えられます。
デメリットペダルもシューズもロードに比べて頑丈に出来ているので重い事。ペダルをグルグル回すのに円周上に位置するペダルとシューズが重いのはよくありません。またペダルの踏み面が小さいのでダイレクト感が乏しいなんて事も言われますね。

私が注目したのは荷物が減る事。バックパックを持って行かない事を決心した理由のひとつはこれにあります。実はMTB乗りの多い輪工房さんのお客さんには結構多いのです。ご一緒する度にそれを見て快適そうだなぁと思っていたのですが、その為にペダルとシューズを購入するには至らず・・・しかしシクロクロスをはじめた事によって図らずもロードでSPDを試せる環境にありました。

重さを比べよう
単純に重い物を回すより軽いのを回す方が楽になると考えます。ホイールのリムやタイヤを軽くしたいのと同じ理由で。それならどれくらい違うのか?

ロード用ペダル
Time RXS Carbon:240g
ロード用シューズ
SPECIALIZED Comp Road:265g
合計:505g

MTB(CX)用ペダル
SHIMANO PD-M540:352g
MTB(CX)用シューズ
GIRO CODE:325g
合計:677g

ざっと計算して172gの差でした。一部実測ではなくカタログ値なので参考程度に。またロード用シューズは低グレードなのでトップグレードならもう少し差がつくでしょうね。同じSPDペダルでもクランクブラザーズ・ エッグビーターを使えば軽量なので差は小さくなるでしょうし、その辺は一概には言えません。ただ相対的に見てMTB用の方が重い事は確かです。

GIRO CODE

輪行ツーリングに1日使ってみて
結論から言うと大成功。全く問題はありません。デメリットは微塵も感じませんでした。私が鈍感である可能性は否定できませんが(苦笑)もちろん荷物が減り、輪行時行き帰りの歩きもこのシューズなら全く問題なし。

IMG_7048

デメリットの重さも、踏み面の小ささによるダイレクト感の低下も全く感じられなかった・・・良いのか悪いのか。ただ、MTBシューズの方がカーボンソールを採用したトップグレード(ロードは樹脂ソール)なので、MTBとロードの特性の差をシューズ自体の性能差が埋めてしまった可能性はあります。

そう考えるとレースユースではなく、ツーリングがメインであればMTB用のシューズでできればソールが硬めのXCレース用を購入するのが良いのかもしれません。この他にビブラムソールが付いたより歩きに向いているシューズの2足体勢が理想かな。

メーカーはロードならロード用とカテゴリーを分けて来ますが、レースなどを考えていないロード乗りに取ってはその垣根を越えてMTB用シューズを見当する価値は十分あると思いますよ。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/616-342cf1b3
    この記事へのトラックバック


    最新記事