POWERサドル(テストサドル)ファーストインプレッションのオマケ

2015年04月17日 08:00

先日、テストサドルを借りて来たのでPOWERサドル(テストサドル)ファーストインプレッションをお届けましました。距離にして20kmちょっと。返却しなければならず、とりあえず高負荷も試そうと3本ローラーで乗ってみました。この日も仕事で帰宅が遅くたった30分くらいのローラーでしたが、20分のアップと10分のタバタでしっかりと負荷はかけました。



やはり前傾姿勢を維持するのは楽。通常の着座位置からやや前乗り前傾に移行するのがスムーズに行なえます。これはCXに取り付けているROMIN EVOもそう。アリアンテに比べて硬めのパッドがそうさせるのでしょう。残念ながらROMIN EVOに対するアドバンテージは感じられませんでした。

それよりも着座位置の形状からかお尻の痛みを感じました。恐らく横方向のラウンド形状が合わないのだと思います。POWERもサイドが落ち込む形状ですがフラット部分がアリアンテやROMIN EVOに比べて広い(丸みが緩やか)。それが尻当たりに影響しているんだと思われます。

Specialized Romin Evo Comp Gel
Specialized Romin Evo

fi'zi:k ALIANTE
アリアンテ フィジーク 形状

肝心のパワーサドルの写真は撮り忘れてますが・・・(汗)ローミンはアリアンテとそのラウンド形状が似ているんだよね。だからいきなりフィットしたんだな。パッドの厚みとかやわらかさとかだったらショーツのパッドでも何とかなるかもしれないけど、きっとベースのカタチが合わないのだと思います。

パワーサドルを使い続けられないくらい痛い訳ではないのですが、長時間乗るともっと効いてくると予想されます。逆を言えば短時間であれば大丈夫。そのネガを覆す程のメリットがあればね。そのひとつがヘルメット選びの所で触れたシクロクロスの自転車担ぎのシーン。



私のように自転車のフレームが小さいとトップチューブに肩を入れて担いだ時にヘルメットとサドルの先端が干渉しやすくなります。これを防ぐのにヘルメットをコンパクトにしようと考えていましたが、パワーサドルなら先端が短いのでスペース確保に効果抜群ですね。

specialpower2.jpg

シクロクロスレースならちょっとの尻の痛みなんか気にならないだろうし。ロードにはROMIN EVOでいいと改めて思いましたが、シクロクロス用でならまだPOWERサドルをチョイスする可能性ありますね。シーズン前にまたお借りして試したいと思います。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/603-e5e99ebc
    この記事へのトラックバック


    最新記事