ロード用チューブレスタイヤの組み込み

2015年04月15日 08:00

以前の記事でお知らせしたようにタイヤを注文してありましたが、届いたので早速取付けました。
前回も書きましたがCX用チューブレスタイヤを使ってみて完全にTLタイヤの欠点である作業性の悪さに対して苦手意識が薄まり、あの低圧でも転がりが良く、乗り心地の良いタイヤを使ってみたいと思ったんです。

IRC ロードチューブレスタイヤ クロスガード

選んだのはIRCのチューブレスタイヤラインナップでも一番日常使いに向いている IRC Formula PRO X-Gurad TUBELESSです。

X-Guradベルトを採用し、高い耐パンク性と走行性能を実現。
転がり抵抗が小さく乗り心地がよいチューブレスタイヤを、貫通抵抗の大きなX-Guardベルトで武装。
通常の耐パンクプライに加え、さらに40x40tpiメッシュ耐パンクガードを配備することで、耐パンク性能が約47%も大幅に向上した。
トラブル回避性や安全性など、極限のパフォーマンスを求められる過酷な状況下でこそFormula Pro TUBELESS X-Guardはその真価を発揮する。
新仕様では軽量ケーシングを採用することで、さらなる軽量化を実現。
モデルチェンジの変更点と目的
・軽量ケーシング:軽量ケーシングを採用する事で従来品より約30g軽量化しました。
・パッチ色変更:チューブレスを赤パッチに変更する事で、製品の識別を改善しました。
・価格改定:よりお求めやすくなりました。
メーカー商品説明より


このタイヤ、実は過去にも使った事があります通勤で使っていた時にユッチンソン・フュージョン2がパンクしてお店に在庫のあったこれに交換した経験があるから。当時はIRCがTLタイヤをリリースしたばかりでしたがあの頃よりも熟成は進んでいる様子。楽しみです。

重量
・IRC Formula Pro TUBELESS X-Guard:275g
・Panaracer RACE L Evo2(light)+Panaracer RAIR(60mm):254g

メーカーカタログ重量は280gですが、実測で275gでした。優秀ですね。カーボンディープに取付けたPanaracer RACE L Evo2(light)が186gで、チューブはPanaracer RAIR(60mm)を使って68g。合わせて254gです。クリンチャーの軽量クラスの重さと遜色がありません。リムテープの15gを考えたらいい勝負。耐久性のあるパンクベルト付きTLタイヤでコレですから軽量タイプのTLタイヤなら勝てる。チューブレスタイヤは重いって評判はすでに古い考えですね。

問題の作業性は?
IRC 井上タイヤ TL

シクロクロスタイヤで苦手意識は払拭と書きましたがロード用はそこまで甘くなかったです・・・。タイヤが細くハイトもないからか、手で組み込むのは無理でした。恐らくMTBが一番楽でCXがその次。ロードは比較的難易度が高くなると思います。(これはオートバイでも同じ傾向で経験があります)
もちろんチューブレス専用 タイヤレバーがあれば全く問題ありません。一応、メーカーサイトの取扱説明書を読んでおきましょうね。

タイヤの組み込みは出来たとして、問題は空気を入れてビードをあげること。ウチのガレージはエアーコンプレッサーと自動車用のタイヤ空気入れがあるので、仏〜米アダプターをホイールのバルブに取付けて一気に高圧空気を入れます。バルブ付近のタイヤが上手く入っていなくて苦戦しましたが、そこを理解して処置してやればパンッ!パンッ!とタイヤがビードにはまります。タイヤの全周をチェックして均等にタイヤがホイールに嵌っている事を確認して、一度空気を抜いて再度規定空気圧まで入れます。コツはいくつかありますが、石鹸水をたくさん使ってタイヤの滑りを良くする事が結構大事だと思います。

まだ実走に至っていませんが、翌日、翌々日とタイヤの空気圧を手で触ってチェックしましたが、それで感じられる空気抜けはありません。はじめてTLタイヤを組んだ時は普通のタイヤレバーで入れた為に1本だけ空気抜けが早かったんですよね。さすが専用タイヤレバーは違います。あと、構造を理解してどの部分を傷つけたらダメだとかわかっているのも大きいかもな。

作業性の悪さは払拭と思いきや、ロード用はタイヤのボリュームが小さいので少し大変でしたが、さして問題ではありませんでした。久し振りにチューブレスタイヤの感触を味わってみます。

今回選んだのはコレ


軽量WOに勝る!軽量TLタイヤならフォーミュラープロライト


話題の25cタイヤならコレ


とりあえずTKを使ってみよう!廉価版はコレ


あると安心な専用タイヤレバー


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/600-6c222a15
    この記事へのトラックバック


    最新記事