第4回茨城シクロクロス 観戦編

2015年03月10日 08:00

参戦記はコチラ


弱虫ペダルチームのハイエース・・・最高の場所に停めましたね

一般的には生憎の空模様となった4回目の茨城シクロクロス大会。シクロクロス的に(特に観戦する方)はマディーなコンディションは大好物で個人的にも前日は雨で走る時にはあがってるくらいがベストな気がします。



同じカテゴリーで走る渡辺せんせー。弱虫ペダルで稼いだお金でシクロクロスチームを作るなんてイカしてますね。山本選手の花道をお膳立てした事になり足を向けて眠れません。女性ファンがシクロクロス会場にやってくる珍事も発生して改めて漫画の影響力を感じています。敬意を表してテレビアニメを録画して観てます。コミックスも買おう。



参戦記のとこでも書きましたが茨城シクロクロス初開催となる土浦市の市民運動公園。フラット基調との事で湘南みたいな退屈なコースだったら・・・と不安でしたが、そんな事は全くなく場所は違えどちゃんと茨城シクロクロスでした。



土手を使った絶妙な段差や泥区間に決勝では残念ながら撤去されてたけど3ステップなどなど・・・シクロクロスバイクが乗車でテクニックを競えるセクションが豊富なのが面白い。シケインの後も小さい下りですぐにサッカーゴールをくぐる所などは抜重を上手くしないとサッカーゴールの梁でリム打ちパンクの餌食になりそう。このような積み重ねが散りばめてあるんですよね。



それでいて「山登り」のような目玉もちゃんと用意されている。シクロクロス東京の砂浜も目玉にしたいのは分かるけど延々とランを強いるのはどうかと個人的には思います。乗れるか?乗れるけど降りた方が速い?などと戦略を練られる方がいいな。ちなみにこの「山登り」は2回目の試走の時にひとり足を付かずにクリアしていました。CXバイクです。ワンステップくらいで行けたら上々な感じ。



女性の参加者も多く感じました。声援に「がんばりまーす」と答えてくれて癒されました。一緒に観戦していた妻も「出場しているだけで尊敬する」と。なんとなく大事MANブラザーズバンドの「それが大事」とかTHE BLUE HERTSの「TRAIN-TRAIN」が浮かびました。



山下りはすぐに乗車が最適解だと思いますが、下った勢いで走らせないトラップ。ヘアピンで泥区間に突入するので注意が必要でしたね。当初は転倒も結構あったとか。

tuchiuracx.jpg

いつも出場している選手に声援を送ってくれる方や他の選手のためにレース後写真撮影をするのですが、今回は用事があってC2の序盤で帰路へ。そんな訳で枚数は少ないのですがフリッカーのアルバムにアップしてあるので良かったら持って帰って下さい。あ、写真は下手な上に雨だったので防水コンデジとiPhone撮影ですので過度な期待は禁物です。



そうそう、でも防水コンデジのNikon AW100を全く使いこなせてなかったのですが、ターゲット追尾的なモードがあってそれを使うと背景流して被写体にピント合わせるみたいな事が簡単にできるんですね。はい、説明書読めって事ですね・・・露出オーバー気味なのも気になるしもう少し勉強せんとな。



スタッフの皆さん、出場された皆さん、観戦された皆さん。ありがとうございました。正直茨城シクロクロスは2戦じゃ物足りなくてせめて4戦やって欲しいけどオーガナイズが大変ですよね。とにかくおかげさまで最高に楽しめました。また来シーズンよろしくお願いします。


泥で汚れた自転車を洗車してジャージを洗濯するまでがシクロクロス!



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/577-1370fb83
    この記事へのトラックバック


    最新記事