MINOURA DS-520

2015年02月24日 11:20

自転車用のメンテナンスラック「ミノウラ DS520」(メーカーサイト)を購入しました。

minourads520.jpg

フレームのリア三角に差し込んで使うこのスタンド。シクロクロス会場でよく見かけた記憶があります。コンパクトに折り畳むことができて、車体片側で支えるのでディレイラー回りの整備に使いやすいのが理由かな?と思いました。メーカーサイトにも「後輪が持ち上がるため,ディレーラ調整やチェーンの清掃などの軽いメンテナンスに便利」と唱っています。簡単にスタンドをセットできるのも魅力かな。気になっていた所、輪工房さんに在庫があってったので衝動的に。

パッケージを開けて折りたたまれているのでそれを起こせばすぐに使用できます。高さ調整は自由度は少なくロードではデフォルト以外使える感じはしませんでした。それだけ汎用性がある方が使いやすい訳ですが・・・。

ミノウラ メンテナンス スタンド

ライジン製シクロクロスバイクをまずスタンドにセットしてみます。リアバック(チェーンステーとシートステー)はクロモリ特有の繊細なフレーム。引っ掛けてみましたが、スタンドが立っていない方(写真で言うと手前ディレイラー側)に少し傾く感じ。赤いフックの中で細いフレームが遊んでしまっている感じです。倒れる事はなさそうですがちょっと不安定ですね。

箕浦 メンテスタンド

今度はカーボンフレームのSpecialized Tarmacをセットします。こちらの方がしっくりと固定できました。バックの形状が縦に変形しているようなチューブだと安定するのかもしれません。

ミノウラ 自転車 スタンド 定番

ただちょっと不満もあります・・・
1.フックの位置調整範囲が限定的
穴が4カ所あってそこに2本のフックを固定して使うのですが微調整はできません。これは、上記にも書いたように大雑把な位置で多くの自転車に対応できる利点でもありますが、自分自転車に合わせて最適な位置を探すような事は出来ません。
後で調べて分かったのですが、ミノウラの上位機種DS-532で解消してるようです。こちらなら無段階でクイック式レバー調整が可能の様子。

2.やや不安定
これはフックとフレームの形状の相性になります。ただの丸棒を曲げて作ったフックに傷保護のカバーが被せてあるだけなのでフレームも丸形状だと接点が少なく自転車が傾く感じ。フックに何かを巻いて太くするなどカスタムした方が良さそう。テープを巻いて径を太くして熱収縮チューブを被せるとか?

hook_minoura.jpg

先に挙げた上位機種DS-532はクイックレバー兼用フックで安定しそうな形状に見えます。

今までいくつかのスタンドを所有し使っていますが、このスタンドは狙い通りディレイラー周辺の整備やチェーンの清掃には向いています。リアのクイックを挟み込むタイプのスタンドを最初のひとつとして購入する方が多いと思いますが、こっちの方が使いやすいかもしれませんね。

今回購入したスタンド


オススメ!細かい調節が可能


ド定番


メンテナンスには向かないけどセットは最速で安定感あり(レビュー


人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/569-15ce9b4a
    この記事へのトラックバック


    最新記事