eyefi mobi

2015年02月03日 08:00

以前から気になっていたWi-fi機能付きのSDカードを購入しました。

eyefimobi4gb.jpg

私は主にブログ用にカメラを普段のライドにも持ち歩いていました。しかしiPhoneのカメラ性能が良くなってからカメラは持って行かなくなりました。更にiPhoneで撮影すればinstagram、TwitterにFacebookなどのSNSにそのまま投稿できるのが大きなメリット。

グラベル走行 自転車

走りながらバックポケットからiPhoneを取り出し、カメラを起動させて撮影・・・適当に何枚か撮影して一番よく撮れた写真を休憩の時にSNSにアップする。instagramやFlickr!などの写真をメインとしたSNSは言葉が関係ないので海外の方ともぼんやりとしたコミュニケーションが取れたりして面白かったりするんですよね。

しかし、こんな事をしていたらいつかiPhone落とすよな・・・そんな風に思っていました。

rugged-nikon-aw100.jpg
それなら防水であり耐衝撃性能も兼ね備えたAW100を引っ張り出して来て、これにWi-fi機能付きのSDカードを差して使えばいいじゃないって事に気が付いていたんです。いくつか種類があるようですがNIKONと親和性が高いeyefi mobiにしました。容量はいろいろあるのですがダウンロードしたらメモリーからすぐに削除するので4GBで十分。


さっそくNIKON AW100に差して使ってみます。専用アプリをiPhoneにダウンロードしてeyefiに同封してあるパスコードを入力すればWifi接続が出来るようになります。その後はiPhoneの設定でWifiネットワークをeyefiにすればOK。カメラで撮影したデータはそのままiPhoneのeyefiアプリの中に飛んできます。動作は凄く安定しています。



翌日、今度はD5000にeyefiカードを入れてクルマの撮影をしました。その写真をiPhoneでインスタグラムを使い加工してアップします。同時にFacebookやFlickr!にも投稿。
今まではキレイに残したい写真を一眼レフで撮影して、すぐにSNSで投稿する為にiPhoneで改めて撮影していたのですがその手間が省けたのは大きい。一眼レフの明るいレンズで撮影した写真をすぐさまアップできるのはいいですね。

eyefi 取り込み失敗

気になる所はカードリーダー(有線)によるMacへの取り込みが失敗する事。最初の1〜2枚の取り込みをした後このようなメッセージが出て落ちてしまいます。MacOSのバージンは10.6.8でiPhotoは7.1.5と古いのが問題かもしれません。もう1台のMacは最新のOSなのでそっちでも試してみます。iPhoneにバックアップされているのでそちらから保存は可能なのですが、ひと手間かかるのでこれが解消できれば完璧かな。

概ね満足ですが、問題はAW100の性能がイマイチなところかな。気が付いたら二世代前になってるし・・・。

【追記 】2015/2/8
現在最新のMac OS10.10.2でiPhoto9.6の環境にてカードリーダーから問題なく写真をダウンロードできました。



人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/551-1178adb9
    この記事へのトラックバック


    最新記事