AP ツールケース カーボン調

2015年01月31日 10:00

ダブルボトルが入らない時期の携帯工具やタイヤチューブ入れといえばAvedio Tool Box(ボトルケージに入るボトル型バッグ)を使っています。

Avedio Tool Box

重心が低くなるしサドル周りもスッキリしてお気に入りなのですが、ひとつ欠点があります。それはボトルケージを選ぶこと・・・。

Sakura Cycling 2014

それでもクラシックなミノウラ デュラケージタイプなら入るので、シートチューブ側だけそれに交換して運用していました。黒いボトルケージだとAvedio Tool Boxに溶け込んじゃうから前後が違うボトルケージでも気にはならないと思います。(ボトルを外した状態だとこんな感じでかっこ悪いんですけどね

2006 SPECIALIZED TARMAC PRO

しかしミノウラ デュラケージが値段の割に軽くて気に入り、ダウンチューブ側もミノウラのデュラケージにしたんですよ。そしたらね・・・ボトルを刺しにくいんですね。2度ほど入れたつもりが入っていなくてボトルを落としました。

Avedio Tool Boxに合わせてボトルケージを選ぶんもなんだなぁと思っていたんですよ。苦情も多かったのかマイナーチェンジ後は小型になり様々なボトルケージに対応したと聞いたことがありますが、その代わりいらぬロゴの刺繍などが入ってコレジャナイ感が満載に。前にも紹介したビットリアのPremium Zip Tool Caseなんてのもありますが、これも派手なんだよな。プラスチックのツール缶でも入ればいいかな・・・と諦めていたところ不意にこんなの見つけました。

アストロプロダクツ 自転車ツールボックス

使い捨て安売り工具で有名なアストロプロダクツに別件で行った際に見つけた逸品?カーボン柄のボトル型小物入れです。ちなみにカモフラも売ってました。カーボン柄は許したとしても大きなロゴも邪魔なんですが、これは後でなんとか消してしまうとして。試しに買ってきました。

アストロプロダクツ 自転車ツールボックス

AVEDIOと比べるとサイズの違いがわかります。

アストロプロダクツ 自転車ツールボックス

AVEDIOの方は大きいだけあってさすがの収納力。今まで携帯していた物プラスまだ入りそうです。緊急用の小銭とか入れといてもいいかな?と思っていました。

アストロプロダクツ 自転車ツールボックス

内容物はこちら。特に変わったことはないみなさんが携帯しているものだと思います。早速亜アストロで買ったボトル型小物入れに詰め込みます。

アストロプロダクツ 自転車ツールボックス

はい、大丈夫でした。余裕はありませんが振動で中のものが動かないくらいぎゅっと入っていた方がいいですからね。Avedioが入らなかったエリート ボトルケージ パタオで試そうと思ったのですが手元になかったのでzefal ウィーズボトルケージに入るか確認します。

アストロプロダクツ 自転車ツールボックス

はい、これも大丈夫でした。耐久力は未知数ですが表面触った感じとかはちょっと心もとない感じも受けました。ただファスナーが思ったよりスムーズだったのは驚きです。晴れた日にでもロゴを消す作業をして使ってみます。





人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/549-0e7dc4bb
    この記事へのトラックバック


    最新記事