自転車競技とぜんそく2

2015年01月14日 15:21

年末年始と喘息の症状に悩まされた件については前回「自転車競技とぜんそく」で書きました。それからシームレスにインフルエンザに感染したりして自転車に乗れない状況は続行中です。いやはや・・・(既に平熱に戻り自宅軟禁中です)

前回の診断で「アレルギー性喘息」と診断されて咳止めの薬などを処方してもらい1週間くらいで咳は治まったので、改めて今後どのようにこの症状と付き合えば良いのかを聞きに通院したのですが・・・血圧と動脈硬化の検査をされただけで納得のいく答えは聞けませんでした。

その後仕事も忙しくしていたらインフルエンザに・・・そこで他の医療機関へ行く機会があり喘息についても聞かれたので話をしてみると・・・

医者「前のお医者さんでは喘息についてなんて言われましたか?」
私「アレルギー性の喘息だと」
医者「・・・」
私「・・・」
医者「それだけ?」
私「はい」
医者「喘息はほとんどアレルギー性ですよ」

運動誘発性喘息
それは運動誘発性喘息かもしれませんね。そう言われました。ネットでは見聞きしていた言葉だったのですがやはりそのようです。対策方法としては短時間作用型β2刺激薬(SABA)などが考えられるそうですが、それ以上はインフルエンザが治ってから改めて診察してから。そんな訳でつづきます。

リトゥルフィット

写真は友達がまたひとり自転車を買いたいと言うので輪工房さんへ伺った時のもの。RETULがあればいろいろな自転車のポジションをすぐに再現できるから購入の時にも助かりますね。彼のバイクは・・・届いたら紹介させてもらいましょ。サイズ58だから試乗はできそうにないけどね(苦笑)

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/536-99d996a6
    この記事へのトラックバック


    最新記事