2014/12現在のTarmac Pro

2014年12月18日 08:00

ちょっと早いけど今年のロードバイクの状況をまとめておきましょう。6月の段階で最大のグレードアップを施したターマック。CXバイクをオーダーしている事もありしばらくはこのままかと思いきや・・・なんとカーボンディープウィールを履く事になりました。前後50mmのカーボンクリンチャーでタイヤはシュワルベのアルトレモ。

201412tarmacpro_deepwh.jpg

はじめてのシクロクロスシーズンを迎えた事もあり、ロードの走行距離はそれほど伸びていませんが、今までのWH-7850SLとの違いは明白で真っ平らなサイクリングロードを走るのが少し楽しくなりました。ディープホイールが好影響をもたらす速度についていろいろ言われておりますが、30km/hも出れば恩恵を実感できますね。

2014tarmacpro_deep2.jpg
フロントフォーク内側の黄色いコーションステッカー剥がさないとな・・・

空気抵抗が減っただけでなく、重量も減っている事も好影響をもたらしているのかもしれませんね。まだ強風が吹くような状況では試していません。長年連れ添った愛機が生まれ変わったような印象を受けました。

deepwh_korogari.jpg

ペダルを止めた時の「カラカラ・・・」とフリーハブの音とカーボンリムと専用ブレーキシューのフィーリングには慣れませんが、走る時の爽快感に比べれば我慢できます。シクロクロスシーズンが終わる頃にはタイヤを新品に交換します。そのタイミングで単体重量も測定しておきましょうか。

7.835kg
前回(6月)の7.98kgから軽量化が進みました。ホイールのおかげです。測定した時の写真を見るとボトルケージがひとつしか付いていませんでしたが、その分サドルバッグのアタッチメントが付いているのでトントンかな。

2015年は?
1.クランク入れ替え
まずシクロクロスで使っているQファクターを狭めたラ・クランク160mmを試しにロードで運用してみたいですね。そんなフィーリングを得られるかが楽しみ。今の所の感触としてはクランク長が短くQファクターの狭いラ・クランクはロードの方が向いている気がするんですよね。深い前傾も取ってもペダリングしやすいし、トルクではなく回転でスピードを乗せる感覚はQファクターが狭い方に相性が良い気がします。

2.ポジション
コラムカットの準備はしているので速やかに行なう。そしてハンドル・ステム・サドル交換を含めたポジションチェック。

3.タイヤ交換
ディープリムウィールのタイヤとWH-7850SLのタイヤを物色。ディープリムの方はコンチネンタルの25cを。 WH-7850SLの方はもう一度チューブレスにしようかな。IRCのCXをはめてみて苦手意識は払拭されたので。







今年の冬はあとどれだけロードで走るかな?こんな企画に乗っかってみるか!?

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/527-2aa7eb06
    この記事へのトラックバック


    最新記事