fi'zi:k CYCLING OVERSHOES / WINTER

2014年12月15日 21:30

グローブ紹介のとこで見切れていたシューズカバーを使いましたよ。

fiz_cover2.jpg

足元を風雨、雪や汚れから守る冬用のシューズカバー。
表面は防水・防風素材、裏面は起毛フリースで暖かく、またソフトな伸縮性と透湿性のある素材で汗冷えがしにくくなっ ています。カカト部のジッパーはずり落ち防止カムロックつき、リフレクティブプリントになっており視認性の向上に配 慮。熱溶着された大きなfi'zi:kロゴが目を引くデザインです。
・100%ウォータープルーフ、ウィンドプルーフ、ソフトな伸縮性と透湿性のあるポリエステル製
・アッパーの縫い目はシーム加工
・カカト部に補強
・サーモウェルデッドfi’zi:kロゴ
・ずり落ち防止カムロックジッパー、リフレクティブプリント
・ロード用のクリート部、カカトにホールのあるデザイン
・Made in Italy


fiz_cover.jpg
fi'zi:k CYCLING OVERSHOES / WINTER SIZE:M

シューズカバーについてはパールイズミの製品を持っているのですが、ちょっと不満がありまして他の製品を物色していました。購入したのが2007年くらいなので今は解消しているのかもしれませんが、当時のものは後ろのファスナーが走っていると下がってしまったんですよね。ペダリングしていると多少はアンクリングすると思うのですがその度に少しずつ下がっていきます。これがなんだかダラしなくて。

しかし、このフィジークのシューズカバーには”ずり落ち防止カムロックジッパー”が付いています。グラフィックも気に入ったしね。


Photo by 輪工房

当日の気温は3.6℃から8℃くらい。靴下はDEFEETのウールソックスをチョイス。シューズはSPECIALIZED Comp Roadです。この上にフィジークのオーバーシューズを履いて出発。朝7時前の江戸川サイクリングロードは土手の草に霜が降り真っ白に。朝日に照らされてキラキラと輝き、蒸気が立ち上る幻想的な雰囲気。集合場所に急いでいて写真を撮影できなかったのが悔やまれます。

ウールソックスの効果もありますが、シューズカバーのおかげで足に冷えを感じる事は全くありませんでした。一緒に走った方にはカイロを入れている方もいらっしゃいましたが私はまだ大丈夫でしたね。ネオプレーンのものより確実に保温効果はありますね。

気になる事があるとすれば歩いている時にシューズの踵パーツとオーバーシューズの穴位置がちゃんと合っていない事かな。オーバーシューズを踏んでいる感じが何度かありました。逆に言うと底面まで広範囲でカバーしているのでソールに通気口があるシューズにも有効です。私が持っていた古いパールイズミはソールのカバーは考えられていなかったですからね。現行型のパールイズミ PEARL IZUMI 7000 プレミアムシューズカバーを見てもソールのカバーは考えていないので通気口を目張りするとかの対策が必要になりそうです。

もちろん購入のキッカケとなったカムロックファスナーのおかげで走行してもファスナーがずり下がる事もありませんでした。なかなか良い買い物をした感じ。満足です!





人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/526-b863bf62
    この記事へのトラックバック


    最新記事