2014-2015 Season 決戦仕様

2014年11月05日 08:30

初戦となった茨城シクロクロスは、WH-7850SLにIRCのシラクTU MUDタイヤで戦いましたが、本来はこの為に組んだMAVIC GP-4リム&105ハブホイールがメインとなるはずでした。しかし慣れないタイヤ貼付けでゴタゴタあって、急遽ロード用のホイールを下してTLタイヤを用意した訳です。



それからこのタイヤで普段乗りもしていた訳ですが、せっかく組んだホイールも乗っておかないとね。オールラウンドタイヤを履かせたこっちの方が出番は多いだろうし。



サドルの後ろに余計なものが付いていますが空力パーツでは決してありません。前後のタイヤが違うのがアレですがこだわってセッティングしているみたいでいいじゃないか・・・とは思っていませんが思い込みます。このホイールでボトルケージなど余計なアクセサリーは付けずにレースに出る状態にして重量を測定します。

weight-raizin.jpg

9.785kg

詳細仕様
デュアルコントロールレバー:SHIMANO ST-5600
フロントディレイラー:SHIMANO FD-CX70-B
リアディレイラー:SHIMANO RD-5600
カセットスプロケット:SHIMANO CS-6600 13-25
クランク:DIXNA La Crank 160mm
チェーンリング:SUGINO PE-110 42-34
ブレーキ:SHIMANO BR-CX70
カートリッジBB:CHRIS KING
ヘッドセット:CHRIS KING
サドル: fi'zi:k ALIANTE
ステム:DIXNA CROSSハングステム
シートピラー:EASTON EA-50
ペダル:CRANK BROTHERS EGGBEATER 1
ハンドルバー:3T ERGONOVA 420
ホイール:Mavic GP-4リム、Shimano 5800 105ハブ
タイヤ:フロント Vittolia Cross Evo XG リア Challenge Grifo 33 TU


DURA-ACEのホイールはシクロクロスでどんどん傷めてしまうのも可哀想なので極力こっちのセットで挑もうと思っていますが、週末の天気は台風の影響で怪しいな・・・MUDタイヤの出番がない事を祈ります。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/493-389a0bde
    この記事へのトラックバック


    最新記事