all-rounder

2014年10月31日 19:00

シクロクロスレースの為に嫌いなトレーニングっぽい事をしていますが、シクロクロスレースのためじゃないのかもなって思います。



トレーニングをして走れるようになって”もっと遠くに、もっと面白そうな所に、遊びのフィールドを広げたい”からなんですよね。そのフィールドのひとつにシクロクロスレースがあるって事。

fudouup.jpg

走れるようになれば、スタート地点からクルっと回すコンパスの円がどんどん大きくなるイメージ。峠を登りきって向こう側に下ればもっと面白い所があっても足がなければその後の上りを考えて引き返すしかありませんから。



誰かと競い合って勝ちたい・・・そんな欲求がないとは言いませんが、より楽しめるように基礎的な走力を底上げしたいってのが本音かな。球技をやっていた学生時代の頃も試合は大好きで勝利を目標に練習をしていましたが、努力はしたことがありません。他人から見たら努力に見える可能性はありますが、楽しいからやってるだけ。勝利至上主義であれば162cmの身長でバレーボール部には入部しなかったでしょう。



それともうひとつは”モノが好き”って事か。特に対象は乗物で、そのチョイスにはじまり、自分なりにカスタムして行く事も含めて。機能的でシンプルな美しさは大好きなポイント。その道具を思う存分に使える楽しさ。オートバイやクルマでは思いっきり楽しむハードルが結構高いけど、自転車は体力さえあればそれ以外の投資は少なくていい。

oigami06.jpg

遊びの誘いにはいつでも全力で乗れるように。その為のトレーニング。今の自分では連れて行ってもらったツーリングでも峠では待たせしてしまいます。待たせるのではなく、同じペースで走れるようになり、必要とあらば遅れる仲間をアシストできるようになる事が目標のサイクリスト象なんだろうな。平地でも峠でも下りでも晴れても雨でもアスファルトでも石畳でもオフロードでもね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/489-d8bc79df
    この記事へのトラックバック


    最新記事