CXレースなんだからシクロクロスでローラーを

2014年10月30日 21:00

時期レースに向けてちょっとはトレーニングらしい事をしないとなぁーと思いながらなかなかね。昔からスポーツは大好きですが反復的地味な練習は嫌いでしたね・・・ゲームを重ねて楽しみながら必要な場所が勝手に鍛えられるのがベスト。毎日レースがあれば最高のトレーニングになるって事ですわ。そんな夢みたいな事を言っても実戦で初戦と同じように辛い思いをするだけなので少しはがんばります。

raizin_3roler.jpg

ローラー用タイヤを履かせたホイールをCXにセットしました。3本ローラーを使っている人で専用タイヤを使っている人はどれくらいいるんでしょうね?これを用意すれば走行用のタイヤの摩耗を抑えられるのはもちろん、適度な重さがあるので負荷追加装置のない3本ローラーでもそれなりの負荷が掛かります。音も静かになりますね。
私は普段GIANT OCR3に付いていたアルミセミディープ(A.K.A 鉄下駄ホイール)にトレーナー用タイヤを付けているのですが、久し振りにDURA-ACE WH7850SLでローラーに乗ったら軽過ぎて笑ってしまいました。持っていない方は安くて重いアルミホイールを用意してトレーナータイヤを装着する事をお薦めします。



最近はトレーナー用タイヤも黒が多いんですか?ミノウラは昔からそうだった気がしますがコンチネンタルも黒になったんですね。自分のタイヤだから間違う事もないと思いますが、通常走行できない事を色でアピールする方がなんとなくいいかな。

tabatapro.jpg
tabata pro online

ここ数年ローラーはほとんど乗っていなかったんですが、その理由は退屈だから。映画を観ながら2時間なんてのも以前はやってたんですけどね。それでも最近乗り始めたのは長時間乗らなくても効果がある事を知ったから。それがタバタ式トレーニングです。私は自転車でトレーニングをしている方のblogで「tabata」なるワードが突如出て来てググって知りました。もう結構前にiPhoneにtabataタイマーのアプリをインストールしていながら辛そうで使っていなかったんですけど遂にやってみましたよ。この日にはじめて8セット(20秒トレーニングで10秒レスト)を1タバタをやってみたのですが、足はガクガクでもうしんどいのなんの。

シクロクロスのレースログを取っている方によるとレースにおいて20秒以上を踏み倒す事はなかなかないとの事。それを細かく繰り返すタバタ式トレーニングはシクロクロスにはピッタリなトレーニング方法であると考えられます。8セット(20秒トレーニングで10秒レスト)を1タバタとして4分なので、カテゴリー3のレース時間30分できたらいいのか・・・8タバタで32分・・・気が遠くなります(苦笑)多分この考え方は間違っていると思いますので詳しいやり方は調べてみて下さい。



はじめてやった時に7セット目でローラーから落ちそうになったので本気で取り組むには安全の為に固定ローラーの方が向いているのは確実ですが、3本から落ちないようにするくらいの集中力を保ちながらボチボチがんばります。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/488-d7320605
    この記事へのトラックバック


    最新記事