2014 Le Tour De France SAITAMA CRITERIUM

2014年10月27日 21:00

今年も2014 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウムが開催されました。埼玉在住のサイクルロードレースファンとしてはマストな大会であるはずなのですが今年も生観戦は見送り。CX乗りに出掛けて帰って来たタイミングでちょうどスタートだったのでテレビ観戦をしました。

scri01.jpg
スタート前にニーバリと話し込む宮澤選手。「俺を含めて4人が引退するからさ、魅せ場作るから協力してね・・・」とか話ていたのかな?

昨年もテレビでちょろっと見ただけですがこんな感想を書いていました。要約すると・・・

・レースに関しては完全なプロレスモードでびっくり
・自転車イベントですが、競輪事業とは関係なく行なっているイベントで意義がある
・広くサイクルロードレースを知ってもらうには打ち上げ花火は必要
・今回を成功だと思わずに継続して欲しい

その観点からすると今回は随分と良くなっている印象がありました。さいたまクリテリウムはツール・ド・フランスのショーケースライブ。完全なる興行であって、それを前提とすれば最高のクリテリウムであったとも言っもいいんじゃないでしょうか?

scri02.jpg

ツール・ド・フランスの3賞選手の演出、日本人ツール経験者による逃げ、今年で引退をする4人の選手がそれぞれ持ち味を発揮し、最後のゴールで4人によるスプリントなど・・・正直に言うと途中少し落車(寝落ち)しましたが面白く、ちょっと涙がでたりするくらいに楽しめました。最後はスプリント勝負ってのも良かったですね。キッテルのモガキ見たかったな。これなら観に行ってもいいかな?と思えるイベントになっていたと思います。大勢の観客で観る場所を探すのが大変で、場所取りなんかしたくないし苦手な部類のイベントではありますが。それと会場のレースコース以外の部分ってどうだったんだろう?ツール・ド・フランスの事がわかるような展示物とかあったのかな?

コースも工夫され、埼玉スーパーアリーナの中を通過する設定はなかなか良かった。スポンサー用の観覧席があってVIPはそこでゆったりとクリテリウムを観戦できるようになっていました。有料席ってロードレースには馴染まないって考えもあると思いますが、裾野を広げる為に一部はそんな部分があってもいいと思っています。ジャパンカップのメイン会場もスタンド作ったらいいのにって前にもどっかで書きました。個人スポンサー席は垂れ幕が邪魔で見えにくかったようですが・・・日本のスポーツ観覧席ってフェンスから更に遠くに配置するからね・・・。
昨年は赤字の問題が大きく取沙汰されましたが、今年はどうだったのかな?法・個人スポンサーもグッズなどの特典付きで参加できたりと好きな人には現実的なラインで良いですね。メインスポンサーが聞いた事のない会社でしたが通販会社なんですね。その他の自転車業界の名前はなくその辺はどうなんだろうな。

選手だけでなくツール・ド・フランスのクルーも参加しているそうで、オートバイライダーからカメラクルーなども本物。開催ノウハウなどいろいろ吸収できる所があるんでしょうね。その部分は私達が観ている表面的な部分よりも意義があるのかもしれません。ただ競輪事業じゃなくて良いと思っていますが、ここで吸収したノウハウがいつものレースの方に活かせる体制であるのかは興味があります。

このショーケースライブが会を重ねていき、どんな所を目指していくのか?テレビの解説でもおっしゃっていましたが、シャンゼリゼのゴールのようにさいたまスーパーアリーナの周回コースがステージレースの最終日になるような事を目指すのか?東北スタートでさいたまゴール・・・ツアー・オブ・ジャパン、ツール・ド・北海道でカバーされていない地域でステージレースが出来たら最高ですよね。

自転車業界やレース業界の事がよくわからないので何とも言えない所が多いのですが興行として完成度も上がってロードレースを知ってもらう良いキッカケになっている事は確か。このチャンスを関係業界が一体となって掴んでもらえたらいいですね。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す



関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/485-43cf79fa
    この記事へのトラックバック


    最新記事