Vittoria CROSS EVO XG 700x32C エア漏れ確認編

2014年09月23日 08:00

タイヤのバルブからのエア漏れ問題。Vittoriaの高価格タイヤはレッドバルブ(根本から脱着可能のバルブ)が付いています。

vittoria_redvalve.jpg

ディープホイール用やローハイトホイール用それぞれに複数のバルブ長さのタイヤを作らなくて良い画期的なシステムだと思うのですが、根本からエア漏れするようじゃ怖くて使えませんよね。チャックするのにタイヤを剥がさなきゃいけないんですよ・・・。

バルブに外力がまるでかかってなければ問題ないのが一本。こいつはバルブをちょっと斜めにするだけで根本からエアが漏れます。もう一本は何もしなくてもエアが根本から漏れます。

とにかくこのシール部分がダメなんじゃないか?と水道やエア配管に使うシールテープを巻いてみたものの・・・
vittoria_tape.jpg

状況は改善されず・・・シーラントでも入れてしまえば大丈夫な気もするのですが、不良品とそこまで付き合う必要もないか・・・とりあえず購入元に確認してみようと思います。

bedmake.jpg

連休中にタイヤを装着しようと目論んでいたのになぁ・・・とりあえずリム側のベッドは作っておきました。これで2回塗り。調べた結果、最低でも2回は必要なんじゃないか?と感じましたが実際はどうなんでしょうね。



今回はCX TAPEも併用するし2回にしておきます。更にアクアシールも準備したので水と泥の対策も現在一般的に考えられる対策はするつもりです。

cxtape_10tireroll.jpg

ただ、とにかくタイヤが来ないとね。幸いにもすぐにタイヤをチェックして完璧なものを送ってくれるとの事です。




準備は整った。明日の休日に作業できたら最高なんだけど・・・

【2014/9/24 追記】
発送前に問題がないか確認して送ってくれた代替え品が届きました。見た感じもフレッシュな感じ。コットン部分が凄くキレイです。エアを入れてみると・・・全く問題なし。一晩置いて朝にも確認しましたが空気圧は維持されているようでした。(ラテックスチューブである事を差し引いて)

vittoria_ok.jpg

これでひと安心。代替え品はネジレも少なく形状も安定している感じ。一度エアを抜いてリムにハマる事を確認してからセメント塗り工程に入りたいと思います。しかし、チューブラーって(特にCX対策に)手間がかかりますね・・・。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/467-a7749187
    この記事へのトラックバック


    最新記事