TIMEの2モデル

2014年09月08日 22:00

ツール・ド・フランスを経てユーロバイクが開催されると各メーカーの2015年モデルが見えてきます。個人的に興味を持ったのがこれ・・・

post-1-0-20289200-1408369682.jpg

あのTIMEがラインナップを一新。ロードのトップグレード「スカイロン」を発表しました。TIME独自のRTM製法とモノコックフレームを融合して最近のトレンドも踏まえつつ戦闘力の高そうなエアロロードになりましたね。

しかし、それよりも多くの人の興味を引いた"VXRS"ベッティーニモデルに注目ですね。1度は乗ってみたいTIMEのバイク。それもモノコックではなくRTM製法で製作したチューブを使ったラグドフレーム。そこに大好きなベッティーニの名前が乗っかった訳ですからね。

この手のリミテッドモデルは少々照れくさいので通常ラインナップされると嬉しいな。レーシングフレームの復刻ってどうなの?って気持はありますが、人間は早々進化しない訳で他の評価基準に照らし合わせて良ければそれでいいじゃないですか。

Lemond-Tour90.jpg

そう言った意味では同じTIMEで製作されている新生Lemondも気になる所。昨年、ツール・ド・フランスで勝利した各年をイメージさせるモデルを発表し、本格的な販売を今後するようなアナウンスがありましたがどうなんでしょうか?ユーロバイクでは何もアナウンスがなかったのかな。

トレーニング機材の方に熱心な印象があるレモンですが、選手時代には機材にかなりコダワリがあったと思います。スコットのダウンヒルバーの印象が強烈です。ふくよかになった氏がレーシングバイクの開発をするかはわかりませんが、名前を貼っただけではなくプロデュースをしたバイクが発表される事を心待ちにしています。

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyclestart.blog2.fc2.com/tb.php/455-8a90b3df
    この記事へのトラックバック


    最新記事